開発Blog

Microsoft SqlServer で シーケンステーブルを扱う

投稿日:2022-03-07 更新日:

intra-mart Accel Platform では、SqlServerを利用する場合、JDBCの接続プロパティに selectMethod=cursor を設定します。
この接続プロパティを使用すると、問い合わせの結果セットの行が限定された数だけクライアント( intra-mart Accel Platform )のメモリに保持されます。これにより、大量のデータを保持することがないため、メモリの枯渇などを防止する効果があります。
intra-mart Accel Platform では、 この設定を必ず使用してください。

ただし、この設定により、以下の弊害が発生します。

一般的には、Microsoft SqlServerでシーケンステーブルを利用する場合、以下のSQL文を使用します。

SELECT NEXT VALUE FOR Seq1

TenantDatabase の API や IM-LogicDesigner の SQL定義を利用して、このSQL文を実行すると2回インクリメントされた値が取得されます。
これは、JDBC のメソッドを直接利用した場合でも同様です。

これを回避する方法として、以下のSQL文を利用することで、1回インクリメントされた値が取得できることを確認しています。

シーケンステーブル名がSeq1の場合

SELECT NEXT VALUE FOR Seq1 AS seq_no FROM sys.sequences WHERE name = 'Seq1

FROM句とWHERE句を記述することで、必ず1レコードのみが取得されるようにします。
これで、レコード取得時に1度だけ採番されます。

上記のSQL文は、調査した結果の一例です。

実際に使用される場合は、検証を行い、期待通りの結果となること確認してから、ご利用をお願いします。

-開発Blog

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

intra-martベースモジュール ver4.X インストール・設定時のトラブルガイド

  ※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。   ベースモ …

no image

統合検索モジュール(ConceptBase連携)について

※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。 ベースモジュールver2.2(または …

no image

画面アイテム開発中♪

IM-FormaDesigner パッチ2のリリースに向けて現在、続々と画面アイテムを開発しております。 パッチ2では、以下の11個の画面アイテムを提供できる予定です。 カテゴリ アイテム名 概要 I …

no image

iPhone/iPad用アプリケーション im-scheduler リリース!!

先日、10月22日に弊社イベント Enterprise Web Solution 2010に多数の方がご参加頂き、 ありがとうございました。 実は、そのイベントの裏で、ひっそりと、 iPhone/iP …

no image

Accel Platformのつくりかた。

先日開催させていただきました弊社イベントEnterprise Web Solution 2013のテクニカルセッションにおいて、「Accel Platformのつくりかた。」という題名で、i …