開発Blog

Microsoft SqlServer で シーケンステーブルを扱う

投稿日:2022-03-07 更新日:

intra-mart Accel Platform では、SqlServerを利用する場合、JDBCの接続プロパティに selectMethod=cursor を設定します。
この接続プロパティを使用すると、問い合わせの結果セットの行が限定された数だけクライアント( intra-mart Accel Platform )のメモリに保持されます。これにより、大量のデータを保持することがないため、メモリの枯渇などを防止する効果があります。
intra-mart Accel Platform では、 この設定を必ず使用してください。

ただし、この設定により、以下の弊害が発生します。

一般的には、Microsoft SqlServerでシーケンステーブルを利用する場合、以下のSQL文を使用します。

SELECT NEXT VALUE FOR Seq1

TenantDatabase の API や IM-LogicDesigner の SQL定義を利用して、このSQL文を実行すると2回インクリメントされた値が取得されます。
これは、JDBC のメソッドを直接利用した場合でも同様です。

これを回避する方法として、以下のSQL文を利用することで、1回インクリメントされた値が取得できることを確認しています。

シーケンステーブル名がSeq1の場合

SELECT NEXT VALUE FOR Seq1 AS seq_no FROM sys.sequences WHERE name = 'Seq1

FROM句とWHERE句を記述することで、必ず1レコードのみが取得されるようにします。
これで、レコード取得時に1度だけ採番されます。

上記のSQL文は、調査した結果の一例です。

実際に使用される場合は、検証を行い、期待通りの結果となること確認してから、ご利用をお願いします。

-開発Blog

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ISPの小技

今回は、ISPのスケジュール機能の小技に関して紹介します。 以外に知られていない機能で、Ver7.0、7.1で、スケジュールのコピー機能があります。 マウス操作だけでスケジュールのコピーができますので …

no image

最近のトラブル事例から - Oracle11でDATE型が正しく表示できない –

毎年、4月になると、年度末で開発を終えたシステムが運用を開始して、さまざまなお問い合わせがくる季節で、今年も、例年と同じく、さまざまなご相談を弊社サポートサイトを中心に対応させていただきました。そこで …

no image

安定稼動のTips

  ※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。   現在まで …

no image

Forma関数で条件式を書く

IM-FormaDesignerの画面アイテム「関数」を利用して式を記述できますが、まもなくリリース予定のパッチ2よりAND演算・OR演算の論理演算関数や比較演算子を使えるようになります。 これにより …

no image

[トラブル事例] バッチプログラムが実行開始から6時間後に異常終了する。

  バッチプログラムが実行開始から6時間後に異常終了する。 -エラーメッセージ- java.sql.SQLException: can't create statement fro …