開発Blog

log4jdbcを使ったSQL(JDBC)のトレース

投稿日:2011-08-31 更新日:

こんにちは、開発本部の榎本です。

開発中にデータベースに対してどのようなクエリが流れているのか確認してみたいことありませんか?

以前、山寺さんが紹介していたResinのログで取得するなど、いろいろな方法があるのですが、今回は、log4jdbc(http://code.google.com/p/log4jdbc/)を利用したトレース方法を紹介します。
今回は例としてWebPlatform上での設定を紹介します。

設定手順

  1. http://code.google.com/p/log4jdbc/downloads/listよりlog4jdbc4-*.jarをダウンロードします。

  2. %WebPlatform%/lib配下にダウンロードしたjarファイルを配置します。

  3. %WebPlatform%/conf/http.xmlを編集します。

これまでデータベース(データソース)の設定項目に、データベース固有のJDBCドライバが設定されますが(type)その部分を"net.sf.log4jdbc.DriverSpy"に差し替えます。
また、urlに含まれるjdbc:...の部分をjdbc:log4jdbc:...に変更します。

変更前:

変更後:

typeの部分を変更しています。
それ以外の項目は環境に合わせて設定してください。

  1. %WebPlatform%/conf/log配下にim_logger_log4jdbc.xmlファイルを作成し、以下の内容を設定します。

の部分をに変更することによりログの制御を切り替えることが出来ます。

  1. WebPlatformを起動してください、SQL(JDBC)に関するログがコンソールに出力されるようになったはずです。

クエリの内容と実行時間が確認できたかと思います。

im_logger_log4jdbc.xmlの設定を変更することにより、ResultSetやConnectionに対する操作ログ等も確認が可能となります。
開発時や障害解析の時などに使えると思いますので、機会があれば試してみてください。

-開発Blog
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

intra-mart Advent Calendar 2013 第24日:負荷試験実施の際の注意点

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第24日の記事です。 クリスマス・イブですね。なんか微妙に浮かれ気分になってしまう感じな日ですが、Advent Calend …

no image

intra-mart Advent Calendar 2013 第4日:ViewCreatorの表が色とりどりになってますよ!

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第4日の記事です。 昨日の記事で、ViewCreatorで、計算式を使って、データの値をいろいろと加工できることをご紹介しま …

no image

ApplicationRuntimeのライセンス数制限の仕様について

  ※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。   intr …

「高松商店」IoT化事例のご紹介

こんにちは、デジタルビジネス事業推進室の高松です。 「デジタルビジネス事業推進室」では、IoTやAI、RPAといった新しい要素技術を活用したビジネス化の検証をしています。 今回は、弊社のちょっと変わっ …

no image

e Builder Application Producer v7.2での開発方法について

本日、「intra-mart e Builder Application Producer (以下 Application Producer と略記)」をリリースさせて頂きました。Applicatio …