CookBook

ViewCreatorとIM-FormaDesignerを利用して、既存テーブルのデータを表示する。

投稿日:

このCookBookでは、ViewCreatorとForma画面を利用して、既存テーブルのデータを表示する方法を説明します。
ViewCreatorでテーブルデータの一覧を表示し、IM-FormaDesignerで各レコードの詳細情報を表示します。

完成イメージ


詳細情報を確認したいユーザのユーザコードをクリックする。

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。

サンプルは以下の環境で動作を確認できます。

  • IM-BISが導入済みであること
  • テナント環境セットアップで、サンプルデータがインポート済みであること

レシピ

  1. Forma画面に表示したいテーブルのデータソース定義を作成する。
  2. Formaアプリで、表示したい項目を設定したフォームを作成する。
  3. 外部連携を設定する。
  4. ViewCreatorのクエリを作成する。
  5. ViewCreatorのデータ参照を作成する。

設定項目の詳細は、添付のサンプルを参照してください。

1. Forma画面に表示したいテーブルのデータソース定義を作成する。

Forma画面に表示したいテーブルのデータソース定義を作成します。
入力値として、テーブルの主キーを設定します。

2. Formaアプリで、表示したい項目を設定したフォームを作成する。

Formaアプリで、表示したい項目を設定したフォームを作成します。
データの入力は行わないため、各アイテムの表示タイプは登録時に参照を設定します。

3. 外部連携を設定する。

「アクション設定」から初期表示イベントとして、 1. で定義したデータソースを設定します。

ViewCreatorから連携した値を、Forma画面の初期値として表示します。
初期値として表示した上記の値をキーとして、外部連携で他データを取得し画面に表示します。

4. ViewCreatorのクエリを作成する。

一覧画面として表示したい項目を設定したクエリを作成します。
Forma画面で表示する詳細データを特定するため、主キーは設定必須です。

5. ViewCreatorのデータ参照を作成する。

任意の項目に対し、Fomra画面へのリンクを設定します。
タイプをプログラムとし、連携プログラムパスに以下のリンク先を設定します。
リクエスト情報としてimfr_callback_pathに、ViewCreatorのURLを設定することで、Forma画面からの戻り先を設定します。

Forma画面へ遷移するためのリクエスト情報として、テーブルの主キーを設定します。
Forma画面では、リクエスト情報で画面の初期表示値を設定することができます。
パラメータの値として、Forma画面で設定したフィールド識別IDを設定してください。

-CookBook
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

No.7 Excel 出力 → 他システム(別サーバ)連携

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。 こちらの例では、ファイルサーバ等他のサーバと連携し、別サーバ上のファイルを更新できます。 ロジックフローの …

no image

Formaの実行画面でセッションを維持するには

このCookbookでは、IM-FormaDesignerの実行画面でセッションを維持する方法を記載します。 この方法を利用すると、通常は時間制限によりタイムアウトしてしまうログインセッションを、自動 …

no image

多要素認証(MFA)のバックアップコードを生成していないユーザに通知を送る方法

この CookBook では、多要素認証のバックアップコードを生成していないユーザに通知を送る方法について紹介しています。 多要素認証では Google Authenticator を用いて認証を行い …

no image

EWS2017 「業務への適用イメージがすぐに湧く!  魔法の業務ロジック作成ツール『IM-LogicDesigner』実用例 10本勝負!」講演内容のご紹介

この記事では、EWS2017 Technology Track「業務への適用イメージがすぐに湧く!  魔法の業務ロジック作成ツール『IM-LogicDesigner』実用例 10本勝負!」での講演内容 …

BloomMakerでワークフロー処理モーダルと動的処理対象者設定機能を利用してWorkflowコンテンツを作成する

このCookBookでは、BloomMakerで、ワークフロー処理モーダルと動的処理対象者設定機能を利用したWorkflowのコンテンツを作成する方法を紹介します。 本稿では、BloomMakerでワ …

RSSRSSRSSRSS