CookBook

ページ遷移後にグローバルナビを非表示にする方法

投稿日:2016-04-25 更新日:

このCookBookでは、ページ遷移後にグローバルナビを非表示にする方法について説明していきます。

特別な理由でページ遷移後にグローバルナビを非表示にしたい場合に利用してください。
また、iframeを利用する際にグローバルナビが不要な場合にも利用できます。

完成イメージ


1. はじめはグローバルナビが表示されています。
2. HeadWithContainerThemeBuilder のリンクをクリックする。
3. ページ遷移後はグローバルナビが表示されません。

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。

e builder プロジェクト : im_cookbook_111393_pagebuilder.zip
imm ファイル : im_cookbook_111393_pagebuilder-1.0.0.imm

ローカル環境で表示させる場合は、以下のURLにアクセスしてください。
http://localhost:8080/imart/im_cookbook/111393/page
なおベースURLである以下の部分は、環境に合わせて適宜変更してください。
http://localhost:8080/imart

レシピ

  1. ページ遷移するリンクを作成する
  2. 適用したいPageBuilderを、リクエストへのパラメータに指定する

1. ページ遷移するリンクを作成する

ページ遷移するリンクを作成します。

2. 適用したいPageBuilderを、リクエストへのパラメータに指定する

PageBuilderは、テーマモジュールのJSSPとコンテンツを組み合わせたHTMLを生成します。
PageBuilderは6つの実装があり、目的によってPageBuilderを使い分けてください。
詳しくは、以下のドキュメントをご覧ください。

適用したいPageBuilderを、リクエストへのパラメータとして指定してください。
今回は、PageBuilderの実装の1つであるHeadWithContainerThemeBuilderを利用しましょう。
HeadWithContainerThemeBuilderは、以下の特徴があります。

  • header(メニューやユーティリティ)が表示されない。
  • footer が表示されない。
  • HTMLの head タグが読み込まれるため、CSSやクライアントサイドJavaScriptが利用できる。

HeadWithContainerThemeBuilderを利用するためには、imui-theme-builder-moduleというキーに、headwithcontainerという値をリクエストパラメータとして指定してください。

作成したリンクをクリックしてページ遷移すると、グローバルナビは表示されません。

終わりに

このCookBookで利用したPageBuilderであるHeadWithContainerThemeBuilder以外にも、PageBuiderの実装があります。
また、設定ファイルを利用してPageBuilderを指定することも可能です。
詳しくは以下のドキュメントをご覧ください。

-CookBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ワークフローの一覧を使い分けるには(改訂版)

このCookbookでは、以前に公開した「IM-Workflowの一覧を業務別に使い分けるには」に関して、お問い合わせいただいた内容を追加してワークフローの一覧の検索条件を付与する方法をご紹介いたしま …

no image

フォーム内の入力値を案件名に自動入力する方法

このCookbookでは、IM-FormaDesignerで作成した申請画面から入力内容を案件名に設定する方法を紹介します。 この方法を利用するとIM-FormaDesignerの入力内容をIM-Wo …

no image

Docker Swarm を利用して Resin のクラスタリングを構築する。

この CookBook では、Docker Swarm を利用して Resin のクラスタリングを構築する手順について紹介しています。 Docker Swarm を利用することで、複数マシンにまたがっ …

no image

request.log を Kibana で可視化する方法

この CookBook では、request.log を Kibana で可視化する方法について紹介しています。 方法は色々ありますが、この CookBook では Logstash と logsta …

no image

ワークフローの参照者を動的に設定する

このCookbookでは、IM-Workflow 2018 Springから新たに追加された 処理対象者プラグイン「ロジックフロー(ユーザ)」 の設定方法を紹介いたします。 この機能を利用すると、申請 …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS