CookBook

REST API 経由でジョブネットを起動する方法

投稿日:

この CookBook では、REST API とを経由してジョブネットを実行する方法について紹介しています。

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。

LogicDesigner インポートファイル : im_cookbook_113647_logicdesigner-data.zip

レシピ

  1. LogicDesigner フローを作成する。
  2. LogicDesigner ルーティングを作成する。
  3. REST API からジョブネットを実行する。

1. LogicDesigner フローを作成する。

「/logic/flow」より「Logic Flow Definition List」を開きます。
「Create new」をクリックします。

「Input and Output Settings」をクリックします。

以下のように入力し「OK」をクリックします。

名前
jobnet-id string

「Job Net Immediate Execution」タスクを追加し、「Start」と「End」を線でつなげます。

「Job Net Immediate Execution」タスクをダブルクリックし、以下のようにパラメータをマッピングし「OK」をクリックします。

「Save Newly」をクリックします。

以下のように入力し「OK」をクリックします。

2. LogicDesigner ルーティングを作成する。

「/logic/flow_route」より「Logic Flow Routing Definition List」を開きます。
「Create new」をクリックします。

下図のように入力し「Register」をクリックします。

「im_cookbook_113647」の「Authorization」アイコンをクリックします。

「Start the authorization setting」をクリックし、「POST im_cookbook_113647」と「Authenticated User」の交点をクリックし、チェックマーク(緑色のレ)を設定します。
「End the authorization setting」をクリックし、認可設定を終了します。

3. REST API からジョブネットを実行する。

以下の curl コマンドを実行します。
ここでは以下のように「tenant」ユーザで「IM-FileExchange 期限切れファイル削除」ジョブ(ジョブネットID = imexc-jobnet-delete-expired-file)を実行します。

名前
ジョブネットを実行するユーザ tenant
ジョブネットを実行するユーザのパスワード tenant_user_password
実行するジョブネットID imexc-jobnet-delete-expired-file

「Tenant Management」 - 「Job maintenance」 - 「Jobnet monitor」より「Jobnet monitor list」画面を開きます。
ジョブネットが実行出来ていることが確認できます。

このように、LogicDesigner を利用することで外部システムから REST API を利用してジョブネットを実行する事ができるようになります。
是非ご活用ください。

-CookBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

IM-BloomMaker トグルスイッチの使い方

このCookBookでは、2021 Summerでリリースした共通エレメント「トグルスイッチ」の利用方法と、見た目の変更方法について紹介します。 「トグルスイッチ」エレメントは機能のON・OFFを制御 …

no image

ViewCreatorでIM-Workflowのフロー毎の取止め・差戻し案件件数を表示する。

このCookBookでは、ViewCreatorでIM-Workflowのフロー毎の取止め/差戻し案件件数を表示する方法を説明します。 検索条件を変更することで、IM-Workflowの特定の状況をモ …

no image

IM-BloomMaker 変数セレクタを表示中でも変数を編集できます

IM-BloomMaker で画面を作成している際、エレメントのプロパティに変数値を設定しようとして変数セレクタを開いてから、『あ!変数を作り忘れてたから、いったん作成するために画面を戻らなくては』と …

no image

Payara で Java のリモートデバッグを行う

この CookBook では、Payara のリモートデバッグを行う手順について紹介しています。 レシピ Payara を設定する e Builder を設定する リモートデバッグを行う 1. Pay …

IM-LogicDesignerを利用してIM-Workflowの到達処理で既処理者自動承認する方法

このCookBookでは、IM-LogicDesignerを利用して、 IM-Workflowの到達処理で既処理ユーザが自動承認する方法について紹介します。 完成イメージ サンプルのフローを申請します …