CookBook

Formaでスクリプトアイテムを使い、ボタン・見出し等の色やサイズを変更する方法

投稿日:

このCookBookでは、Formaでスクリプトアイテムを使い、デザインを変更する方法をご紹介します。
サンプルでは、「ボタンアイテム」の背景色の変更・「見出し」の背景色の変更・「ラジオボタン」のボタンのサイズ変更を実現します。

完成イメージ

レシピ

  1. 変更をかけたいアイテムとスクリプトアイテムを追加してください。
  2. スクリプトアイテムを追加し、プロパティにコードを記述してください。(jQueryのセレクタは一例です)

1. 変更をかけたいアイテムとスクリプトアイテムを追加してください。

2. スクリプトアイテムを追加し、プロパティにコードを記述してください。(jQueryのセレクタは一例です)

変更したいボタンのIDをbuttonIdsに設定してください。複数選択も可能です。

アイテムのIDは、実行画面を開き開発者ツールで確認できます。
スクリプトアイテムによってかかった変更は、Forma管理画面では確認できません、Formaアプリから確認できます。

その他:同様にスクリプトアイテムを使うことにより、見出しの色やラジオボタンのサイズを変更してください。

以下のコードをスクリプトアイテムのプロパティに記載してください。

-CookBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

スクリプト開発でのCSRF対策(formタグ編)

Cross Site Request Forgery(CSRF)とは、閲覧者に不正にHTTPリクエストを送信させ、攻撃者の意図した処理を実行させる攻撃手法です。 このCookBookでは、スクリプト開 …

no image

フォーム内の入力値を案件名に自動入力する方法

このCookbookでは、IM-FormaDesignerで作成した申請画面から入力内容を案件名に設定する方法を紹介します。 この方法を利用するとIM-FormaDesignerの入力内容をIM-Wo …

no image

IM-LogicDesignerを利用して、申請日が一定期間経過した特定フローの完了案件をアーカイブする

このCookBookでは、LogicDesignerを利用して、申請日が一定期間経過した特定フローの完了案件をアーカイブする方法について紹介しています。 完成イメージ 1. サンプルのロジックフローを …

【ViewCreator】LogicDesignerと連携してデータ参照の一覧を表示するデータ参照を作成する方法

ViewCreator において、標準の「データ参照一覧」画面では以下のような変更ができません。 「説明」を一覧に表示する。 「データ参照名」の(初期表示時の)列幅を変更する。 各データ参照の表示画面 …

no image

差戻し先ノードの処理対象者を再展開するフローを作成する方法

このCookBookでは、差戻し先ノードの処理対象者を再展開するフローを作成する方法について紹介しています。 IM-Workflowの仕様として、差戻し先ノードではそのノードを以前に処理した人のみが再 …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS