CookBook

ViewCreatorのヘッダやフッタに配置するリンクのURLに計算結果を埋め込む方法

投稿日:

本記事では、ViewCreatorのヘッダやフッタにリンクを埋め込む際に、関数を利用する方法をご紹介します。
この方法を利用すると、パラメータ文字列に「今日日付」を受け渡すといったことが実現できます。

ワークフロー「直線ルート[JavaEE開発モデル]」の申請画面を開くリンクに、申請基準日として今日日付を受け渡すリンクを例に説明します。

IM-Workflow のフローID flow_javaee_01 のフローの申請画面を、申請基準日 2018/05/01 で表示するURLは下記の通りです。

im_workflow/common/switch/switch_content?imwFlowId=flow_javaee_01&imwPageType=0&imwApplyBaseDate=2018/05/01

このURLをデータ参照のヘッダやフッタに埋め込むと、申請画面へのリンクを作成することができます。

しかし、この書き方では申請基準日は 2018/05/01 で固定となってしまいます。

そこで以下のように入力すると、現在日付を動的に生成してURLに組み込むことができます。

im_workflow/common/switch/switch_content?imwFlowId=flow_javaee_01&imwPageType=0&imwApplyBaseDate=[[FORMAT("yyyy/MM/dd",TODAY())]]

表示例

URLを確認すると、計算結果が組み込まれていることを確認できます。

これは、計算式を利用して実現しています。
詳細は下記ページを参照してください。

ViewCreator 管理者操作ガイド - ヘッダーとフッターの計算式設定

ヘッダやフッタに入力された内容は、下記のような HTML コンテンツとして保存されます。
リッチテキストのダイアログで入力された内容であっても、HTML ソースの中に含まれていれば計算式を利用することが可能です。

-CookBook
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

前回のログイン時刻を表示するポートレットの作成方法

このクックブックでは、前回のログイン時刻を表示するポートレットの作成方法をご紹介します。 具体的には、以下の3つの情報を表示するポートレットを作成します。 前回のログイン時刻 前回ログイン時のIPアド …

ワークフローの案件削除時にBIS/Formaの関連データも削除する方法

このCookBookでは、ワークフローの案件削除時にBIS/Formaの関連データも併せて削除する方法について紹介しています。 BIS/Formaで作成したワークフローには、機能ごとに個別で管理するト …

no image

ジョブを作成して定期実行する

このCookBookでは、以下の開発モデルでジョブを作成する方法と、作成したジョブを指定した時刻に定期実行する方法を紹介します。 ・スクリプト開発モデル ・JavaEE開発モデル いずれのモデルでもジ …

no image

ワークスペースとスケジュール機能との連携

このCookBookでは、「intra-mart Accel Collaboration」の機能の1つであるワークスペースと「intra-mart Accel Collaboration」のスケジュー …

no image

未完了案件・完了案件を全て削除する方法

このCookBookでは、LogicDesignerを利用してワークフローの未完了案件・完了案件を一括削除する方法を紹介します。 開発環境のお掃除に役立つTipsです。 削除した案件は復元することがで …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS