CookBook

ViewCreatorのヘッダやフッタに配置するリンクのURLに計算結果を埋め込む方法

投稿日:

本記事では、ViewCreatorのヘッダやフッタにリンクを埋め込む際に、関数を利用する方法をご紹介します。
この方法を利用すると、パラメータ文字列に「今日日付」を受け渡すといったことが実現できます。

ワークフロー「直線ルート[JavaEE開発モデル]」の申請画面を開くリンクに、申請基準日として今日日付を受け渡すリンクを例に説明します。

IM-Workflow のフローID flow_javaee_01 のフローの申請画面を、申請基準日 2018/05/01 で表示するURLは下記の通りです。

im_workflow/common/switch/switch_content?imwFlowId=flow_javaee_01&imwPageType=0&imwApplyBaseDate=2018/05/01

このURLをデータ参照のヘッダやフッタに埋め込むと、申請画面へのリンクを作成することができます。

しかし、この書き方では申請基準日は 2018/05/01 で固定となってしまいます。

そこで以下のように入力すると、現在日付を動的に生成してURLに組み込むことができます。

im_workflow/common/switch/switch_content?imwFlowId=flow_javaee_01&imwPageType=0&imwApplyBaseDate=[[FORMAT("yyyy/MM/dd",TODAY())]]

表示例

URLを確認すると、計算結果が組み込まれていることを確認できます。

これは、計算式を利用して実現しています。
詳細は下記ページを参照してください。

ViewCreator 管理者操作ガイド - ヘッダーとフッターの計算式設定

ヘッダやフッタに入力された内容は、下記のような HTML コンテンツとして保存されます。
リッチテキストのダイアログで入力された内容であっても、HTML ソースの中に含まれていれば計算式を利用することが可能です。

-CookBook
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

FormaDesignerで作成したフォーム内でカーソル遷移を制御する方法

このCookbookでは、FormaDesignerで作成したフォーム内でカーソル遷移を制御する方法を紹介します。 Tabキーを使ったカーソル遷移を考慮し、ユーザビリティが高いフォームを作成しましょう …

no image

EWS2017 「業務への適用イメージがすぐに湧く!  魔法の業務ロジック作成ツール『IM-LogicDesigner』実用例 10本勝負!」講演内容のご紹介

この記事では、EWS2017 Technology Track「業務への適用イメージがすぐに湧く!  魔法の業務ロジック作成ツール『IM-LogicDesigner』実用例 10本勝負!」での講演内容 …

no image

FormaのスクリプトからAjax処理を呼び出す

このCookBookでは、Formaのスクリプトからサーバサイドロジックを呼び出し、Ajax処理を実現する方法をご紹介します。 IM-LogicDesignerを利用し、サーバサイドロジックとその呼び …

no image

ラジオボタンの値やフォーカスによってアイテムの色を変更するには

このCookbookでは、カスタムスクリプトによるフィールドスタイルの変更方法を説明します。 アクション設定とカスタムスクリプトの組み合わせにより、入力値やフォーカスイベントに合わせてアイテムのスタイ …

no image

外部連携を利用して簡単な相関チェックを行う方法

このCookbookでは、外部連携を利用して簡単な相関チェックを行う方法を紹介します。 この方法を活用することにより、簡単な入力チェックであれば、Formaユーザプログラムの入力チェックを作成せずに外 …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS