CookBook

ViewCreatorのヘッダやフッタに配置するリンクのURLに計算結果を埋め込む方法

投稿日:

本記事では、ViewCreatorのヘッダやフッタにリンクを埋め込む際に、関数を利用する方法をご紹介します。
この方法を利用すると、パラメータ文字列に「今日日付」を受け渡すといったことが実現できます。

ワークフロー「直線ルート[JavaEE開発モデル]」の申請画面を開くリンクに、申請基準日として今日日付を受け渡すリンクを例に説明します。

IM-Workflow のフローID flow_javaee_01 のフローの申請画面を、申請基準日 2018/05/01 で表示するURLは下記の通りです。

im_workflow/common/switch/switch_content?imwFlowId=flow_javaee_01&imwPageType=0&imwApplyBaseDate=2018/05/01

このURLをデータ参照のヘッダやフッタに埋め込むと、申請画面へのリンクを作成することができます。

しかし、この書き方では申請基準日は 2018/05/01 で固定となってしまいます。

そこで以下のように入力すると、現在日付を動的に生成してURLに組み込むことができます。

im_workflow/common/switch/switch_content?imwFlowId=flow_javaee_01&imwPageType=0&imwApplyBaseDate=[[FORMAT("yyyy/MM/dd",TODAY())]]

表示例

URLを確認すると、計算結果が組み込まれていることを確認できます。

これは、計算式を利用して実現しています。
詳細は下記ページを参照してください。

ViewCreator 管理者操作ガイド - ヘッダーとフッターの計算式設定

ヘッダやフッタに入力された内容は、下記のような HTML コンテンツとして保存されます。
リッチテキストのダイアログで入力された内容であっても、HTML ソースの中に含まれていれば計算式を利用することが可能です。

-CookBook
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

スクリプト開発した画面にバリデーション(入力チェック)を実装する

このCookBookでは、作成した画面項目に対してバリデーション(入力チェック)を設定する方法をご紹介します。 今回はスクリプト開発で登録フォームを作成するで作成した画面項目に対して、クライアントサイ …

no image

IM-BISで作成したコンテンツ画面の内容をIM-PDF DesignerでPDFとして出力する方法

このCookBookでは、IM-BISで作成したコンテンツ画面の内容をIM-PDF DesignerでPDFとして出力する方法を紹介しています。 単票および表形式の帳票出力を行います。 完成イメージ …

no image

Formaのスクリプトから処理対象者を制御するには

このCookBookでは、スクリプトを利用してIM-Workflowの動的ノード(動的承認、縦配置、横配置)の処理対象者を制御する方法をご紹介します。 スクリプトから動的処理対象者設定機能を利用するこ …

IM-LogicDesignerを利用して、IM-Workflowの未処理案件の処理対象者を再展開する

このCookBookでは、IM-LogicDesignerを利用して、IM-Workflowの未処理案件の処理対象者を再展開する方法について紹介しています。 人事異動を重ねることで、未処理案件の中には …

no image

No.8 Excel からの一括ユーザ一括登録

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。 こちらの例では、LogicDesignerを利用して、入社や組織変更等の発生時に有用なExcelファイルの …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS