CookBook

Formaの実行画面でアクセスログを収集する

投稿日:2017-01-04 更新日:

このCookBookでは、Formaの実行画面で、アクセスログを収集する方法を紹介します。
サンプルでは、登録画面を開いた時点とデータ登録を実行した時点で、ログを収集します。
ログを収集することで、登録画面を開いたのみのアクセス数と実際に登録し処理を実施したアクセス数を、把握することができます。

完成イメージ


1. 画面上にスクリプトを配置し、Forma登録画面を開いた時点で、DBにアクセス情報を格納します。
2. 登録処理を実行した場合、Forma後処理にて、①で登録したデータのStatusを更新します。

im_cookbook_115418_1

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。

サンプルは以下の環境で動作を確認できます。

  • テナント環境セットアップで、サンプルデータがインポート済みであること

レシピ

  1. アクセスログを蓄積するテーブルを作成する。
  2. 画面表示時にアクセスログを取得するAjax処理を作成する。
  3. 登録時にアクセスログを更新するForma後処理を作成する。
  4. Formaアプリを作成する。
  5. 作成したFormaアプリにて、「Regist」ボタンをクリックする。

設定項目の詳細は、添付のサンプルを参照してください。

1. アクセスログを蓄積するテーブルを作成する。

アクセスログを蓄積するテーブルを作成します。
サンプルでは以下の最低限の情報を格納するテーブルを作成します。


log_id : 一意キー
user_cd : アクセスユーザ情報
title : アクセス画面を特定できる情報
status : アクセス状況(1:登録画面表示、2:登録処理実行)

2. 画面表示時にアクセスログを取得するAjax処理を作成する。

リクエストで、log_id・titleを受け取り、ユーザ情報を付加してデータベースに書き込む処理を作成します。
log_idは、画面表示毎で一意で採番され、Forma後処理で参照できる値である必要があります。
サンプルでは、上記の条件を満たし、Formaアプリにて作成されるプロセスキーを利用します。

詳細はサンプルを参照してください。
該当ソース:src/im_cookbook_115418/ajax/beacon.js

コラム
プロセスキーは、Formaが画面作成毎に一意で作成している値となります。
Forma実行画面、Forma後処理等で参照することができます。

3. 登録時にアクセスログを更新するForma後処理を作成する。

プロセスキーを主キーとして、statusを更新する処理を作成します。

詳細はサンプルを参照してください。
該当ソース:src/im_cookbook_115418/user_program/postprocess_beacon.js

4. Formaアプリを作成する。

アクセスログの取得対象となるFormaアプリを作成します。
画面アイテム「スクリプト」を配置し、2.で作成した処理に対し、リクエストを送信します。
log_idは、imfr_process_keyより取得します。
titleは、対象画面を区別するために、スクリプト内で任意に設定します。

詳細はサンプルを参照してください。

5. 作成したFormaアプリにて、「Regist」ボタンをクリックする。

作成したFormaアプリの登録画面を表示します。
画面表示時にアクセスログが取得され、登録ボタン押下時にアクセスログが更新されます。

-CookBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

承認ノードの画面アイテムに任意の初期値を設定する方法

このCookBookでは、BISワークフローにおいて、承認ノードの画面アイテムに任意の初期値を設定する方法を紹介します。 画面アイテムに任意の初期値を設定する方法としては、画面アイテムプロパティである …

no image

グリッドテーブルのイメージからワークフローの案件内容を表示するには

このCookbookでは、グリッドテーブルの「イメージ」から申請済みの案件の詳細画面を呼び出す方法を紹介します。 この方法を利用すると別の案件を参照しながら新しく申請を行うことができます。 BISで作 …

no image

入力画面の後に入力内容の確認画面を設定する方法

このCookbookでは、入力画面からの登録時に入力内容の確認画面を設定する方法を説明します。 この方法は、以下の製品で作成したアプリケーションやフローで利用できます。 IM-FormaDesigne …

標準の画面アイテムを利用して「先頭へ戻る」ボタンを実現する

このCookBookでは、標準の画面アイテムを利用して「先頭へ戻る」ボタンを実現する方法について紹介しています。 本稿では、表示する項目が多く縦長い画面で下へスクロールすると右下に「先頭へ戻る」ボタン …

画面アイテム「グリッドテーブル」で全行クリアする方法

このCookBookでは、IM-BISの画面アイテムであるグリッドテーブルで、入力データを全行クリアする方法について紹介します。 「グリッドテーブル」は、jqGridを利用しており、入力されたデータを …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS