CookBook

承認ノードの画面アイテムに任意の初期値を設定する方法

投稿日:

このCookBookでは、BISワークフローにおいて、承認ノードの画面アイテムに任意の初期値を設定する方法を紹介します。

画面アイテムに任意の初期値を設定する方法としては、画面アイテムプロパティである「フィールド初期値」を設定する方法があります。
ただし、この設定が適用されるのは申請画面のみとなります。
そのため、この設定では承認ノードで表示される画面アイテムの初期値を設定することはできません。

本稿ではアクション設定を利用して、特定の承認ノードにしか表示されない画面アイテムに初期値を設定する方法を記載します。

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。

サンプルは以下の環境で動作を確認できます。

  • テナント環境セットアップで、サンプルデータがインポート済みであること

レシピ

  1. BISワークフローを作成する。
  2. アクションを設定する。
  3. 作成したBISワークフローにて、フローを実行する。

設定項目の詳細は、添付のサンプルを参照してください。

1. BISワークフローを作成する。

BISワークフローを作成します。

2. アクションを設定する。

デザイナ画面の「Action settings」-「Initial display event」を設定します。
Action「Custom Scripts」を追加し、「Conditions」に初期値を設定したいnodeId、スマートフォン表示/PC表示を指定します。
「Action settings」を特定のノードに飲み設定する場合、nodeIdの指定は不要です。

「Conditions」を設定後、「Settings」を設定します。
クライアントサイドスクリプトAPI を利用して、画面アイテムに値を反映します。

詳細はサンプルを参照してください。

im_cookbook_118684_2

差戻し後等の再承認時に入力済みの値を優先したい場合、画面アイテムの入力状態を判定してから初期値を反映するようにしてください。

また、スマートフォン表示を利用する場合、スマートフォン版クライアントサイドスクリプトAPIも設定するようにしてください。

3. 作成したBISワークフローにて、フローを実行する。

BISワークフローの承認/処理画面を表示します。
初期値が設定されることが確認できました。

-CookBook
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

差戻し先ノードの処理対象者を再展開するフローを作成する方法

このCookBookでは、差戻し先ノードの処理対象者を再展開するフローを作成する方法について紹介しています。 IM-Workflowの仕様として、差戻し先ノードではそのノードを以前に処理した人のみが再 …

no image

【ViewCreator】検索にヒットした件数を取得する関数の作り方。

このCookBookでは、ViewCreatorで検索にヒットした件数を取得する関数の作り方についてご紹介します。 ユーザ定義関数についての詳細は下記のドキュメントを参照してください。 ViewCre …

no image

画面操作方法によって画面アイテムの入力チェックを切り替える方法

このCookBookでは、IM-FormaDesignerの入力チェックプログラムで、画面の操作方法に応じた入力チェックを設定する方法を紹介します。 この方法は、以下の製品で作成したアプリケーションや …

no image

IM-LogicDesigner「繰り返し」「分岐」EL式の定義例

このCookBookでは、IM-LogicDesignerの「条件分岐」「繰り返し」制御要素の条件で利用するEL式について定義例を紹介しています。 ここでは主に「 IM-LogicDesigner上で …

スプレッドシートでシートの保護を利用して、ノード毎に入力セルを制御する

このCookBookでは、スプレッドシートでシートの保護を利用して、ノード毎に入力セルを制御する方法について紹介しています。 Excelでは、シートの保護を利用して、特定のセルのみ入力できるように制御 …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS