CookBook

ワークスペースカレンダーアイテムでスケジュール機能と連携したスケジュールを登録する方法

投稿日:

このCookBookでは、intra-mart Accel Collaboration ワークスペースのワークスペースカレンダーについて紹介しています。

intra-mart Accel Collaboration 2017 Winter (2017-12-01リリース)ではワークスペース機能のアイテムの一つである「イベントカレンダー」を「ワークスペースカレンダー」に名称を変更しました。
2017 Summer以前は終日の予定である「イベント」のみが登録可能でしたが、2017 Winterでは時間を指定可能な「スケジュール」を登録可能となり、以前よりもスケジュール機能との連携が行いやすくなりました。

完成イメージ

ワークスペースカレンダーアイテムでスケジュール機能と連携したスケジュールを登録します。

スケジュール機能連携なしのスケジュールをスケジュール機能で表示する場合は、「ワークスペースとスケジュール機能との連携」を参照してください。
※説明はイベントですが、同様の手順でスケジュールも表示できます。

レシピ

  1. ワークスペースに「ワークスペースカレンダー」アイテムを追加します。
  2. ワークスペースカレンダーにスケジュールを登録します。
  3. スケジュール画面から登録されたスケジュールを参照・編集します。

※画像は「intra-mart Accel Collaboration 2017 Winter」時点のものです。

1. ワークスペースに「ワークスペースカレンダー」アイテムを追加します。

ワークスペースに「ワークスペースカレンダー」アイテムを追加します。
アイテム設定ダイアログの連携で「スケジュール機能と連携する」を選択してください。
アイテム追加後に設定を変更することも可能です。

2. ワークスペースカレンダーにスケジュールを登録します。

「スケジュール機能と連携する」チェックボックスを選択してスケジュールを登録します。

3. スケジュール画面から登録されたスケジュールを参照・編集します。

スケジュールの参照権限があるユーザであれば、ワークスペースカレンダーで登録したスケジュールをスケジュール機能から参照することが出来ます。

また、スケジュールの登録を行ったユーザはスケジュール機能からも編集・削除が行えます。
以下の項目はスケジュール機能のみで設定が可能です。

  • 場所
  • 属性
  • 通知
  • 編集許可
  • 公開/非公開
  • リマインダ
  • 添付ファイル

このCookBookでは、ワークスペースカレンダーの機能を簡単にご紹介しました。
ワークスペースカレンダーの詳細は「intra-mart Accel Collaboration ワークスペース ユーザ操作ガイド - ワークスペースカレンダーアイテム」を参照してください。

-CookBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

標準の画面アイテムを利用して「先頭へ戻る」ボタンを実現する

このCookBookでは、標準の画面アイテムを利用して「先頭へ戻る」ボタンを実現する方法について紹介しています。 本稿では、表示する項目が多く縦長い画面で下へスクロールすると右下に「先頭へ戻る」ボタン …

IM-LogicDesignerを利用して、IM-Workflowの未処理案件の処理対象者を再展開する

このCookBookでは、IM-LogicDesignerを利用して、IM-Workflowの未処理案件の処理対象者を再展開する方法について紹介しています。 人事異動を重ねることで、未処理案件の中には …

FormaDesignerのユーザプログラム前処理と後処理をロジックフローで作成する方法

このCookBookでは、FormaDesignerのユーザプログラム前処理と後処理をロジックフローで作成する方法を紹介します。 サンプルでは、ユーザプログラム前処理と後処理を利用して、Workflo …

no image

Oracle Cloud に iAP を構築する方法

この CookBook では、Oracle Cloud に iAP を構築する方法について紹介しています。 Oracle Cloud では 2019/5/8 より東京リージョンが利用可能になりました。 …

no image

外部連携の後処理で任意のエラーメッセージを表示する

このCookbookでは、外部連携の後処理で任意のエラーメッセージを表示する方法を紹介します。 この方法を活用することにより、外部連携の後処理ででエラーが発生した場合、利用者に内容を通知することができ …

RSSRSSRSSRSS