CookBook

ワークスペースとスケジュール機能との連携

投稿日:2017-10-19 更新日:

このCookBookでは、「intra-mart Accel Collaboration」の機能の1つであるワークスペースと「intra-mart Accel Collaboration」のスケジュール機能との連携について紹介します。

「intra-mart Accel Collaboration」の機能の1つであるワークスペースでは、特定の集まりの中でIMBoxで議論したり情報をグループ内で共有したりすることができます。
その情報を共有するための各アイテムは、実はそのワークスペース内だけではなく自分自身のスケジュールと連携できることをご存知でしょうか。

スケジュール機能との連携に関してご紹介いたします。

完成イメージ

ワークスペースとスケジュール機能との連携を行い、ワークスペースで登録されているイベントをスケジュール機能に表示します。

レシピ

  1. ワークスペース上に「イベントカレンダー」アイテムを設定します。
  2. イベントカレンダーアイテムにイベントを登録します。
  3. スケジュール画面から現在登録されているイベント状況を参照します。
intra-mart Accel Collaboration 2017 Winter (2017-12-01リリース)において、「イベントカレンダー」は「ワークスペースカレンダー」にアイテム名を変更しました。
ワークスペースカレンダーアイテムについては「intra-mart Accel Collaboration ワークスペース ユーザ操作ガイド - ワークスペースカレンダーアイテム」を参照してください。

※画像は「intra-mart Accel Collaboration 2017 Summer」時点のものです。

1. ワークスペース上に「イベントカレンダー」アイテムを設定します。

2. イベントカレンダーアイテムにイベントを登録します。

3. スケジュール画面から現在登録されているイベント状況を参照します。

(1) スケジュール画面より「Select types pf schedule to be displayed」をクリックします。

(2) event Calendar欄にチェックを入れます。

(3) イベントカレンダーに登録されているイベントが表示されます。

上記の通りにワークスペースはCollaboration内の機能と連携可能となります。
お客様の運用にあわせてご活用してみてはいかがでしょうか。

-CookBook
-

執筆者:


  1. […] 機能連携なしのスケジュールをスケジュール機能で表示する場合は、「ワークスペースとスケジュール機能との連携」を参照してください。 ※説明はイベントですが、同様の手順でスケ […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

IM-LogicDesignerを利用して、申請日が一定期間経過した特定フローの完了案件をアーカイブする

このCookBookでは、LogicDesignerを利用して、申請日が一定期間経過した特定フローの完了案件をアーカイブする方法について紹介しています。 完成イメージ 1. サンプルのロジックフローを …

no image

スクリプト開発モデルで作成した1つのページソースを複数の画面で利用する

このCookBookでは、任意のスクリプト開発モデルプログラムをコールして部分ページソース挿入を行う方法を紹介します。 部分ページソース挿入は<imart type=”include”>タ …

no image

申請画面で設定した特定の期日までは承認が行えないフローの作成方法

このCookbookでは、申請画面で設定した特定の期日までは承認が行えないフローの作成方法を紹介します。 アクション設定の表示モード変換を使用し、承認可能日の前後で承認ボタンの表示有無が切り替わる画面 …

no image

スクリプト開発で登録フォームを作成する

このCookBookでは、スクリプト開発で登録フォームを作成する際に役立つ Tips を紹介します。 第1回:スクリプト開発で登録フォームを作成する 第2回:フォームに入力した内容をデータベースに登録 …

IM-LogicDesignerを利用して、IM-Workflowの未処理案件の処理対象者を再展開する

このCookBookでは、IM-LogicDesignerを利用して、IM-Workflowの未処理案件の処理対象者を再展開する方法について紹介しています。 人事異動を重ねることで、未処理案件の中には …

RSSRSSRSSRSS