CookBook

ワークスペースとスケジュール機能との連携

投稿日:2017-10-19 更新日:

このCookBookでは、「intra-mart Accel Collaboration」の機能の1つであるワークスペースと「intra-mart Accel Collaboration」のスケジュール機能との連携について紹介します。

「intra-mart Accel Collaboration」の機能の1つであるワークスペースでは、特定の集まりの中でIMBoxで議論したり情報をグループ内で共有したりすることができます。
その情報を共有するための各アイテムは、実はそのワークスペース内だけではなく自分自身のスケジュールと連携できることをご存知でしょうか。

スケジュール機能との連携に関してご紹介いたします。

完成イメージ

ワークスペースとスケジュール機能との連携を行い、ワークスペースで登録されているイベントをスケジュール機能に表示します。

レシピ

  1. ワークスペース上に「イベントカレンダー」アイテムを設定します。
  2. イベントカレンダーアイテムにイベントを登録します。
  3. スケジュール画面から現在登録されているイベント状況を参照します。
intra-mart Accel Collaboration 2017 Winter (2017-12-01リリース)において、「イベントカレンダー」は「ワークスペースカレンダー」にアイテム名を変更しました。
ワークスペースカレンダーアイテムについては「intra-mart Accel Collaboration ワークスペース ユーザ操作ガイド - ワークスペースカレンダーアイテム」を参照してください。

※画像は「intra-mart Accel Collaboration 2017 Summer」時点のものです。

1. ワークスペース上に「イベントカレンダー」アイテムを設定します。

2. イベントカレンダーアイテムにイベントを登録します。

3. スケジュール画面から現在登録されているイベント状況を参照します。

(1) スケジュール画面より「Select types pf schedule to be displayed」をクリックします。

(2) event Calendar欄にチェックを入れます。

(3) イベントカレンダーに登録されているイベントが表示されます。

上記の通りにワークスペースはCollaboration内の機能と連携可能となります。
お客様の運用にあわせてご活用してみてはいかがでしょうか。

-CookBook
-

執筆者:


  1. […] 機能連携なしのスケジュールをスケジュール機能で表示する場合は、「ワークスペースとスケジュール機能との連携」を参照してください。 ※説明はイベントですが、同様の手順でスケ […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Payara で Java のリモートデバッグを行う

この CookBook では、Payara のリモートデバッグを行う手順について紹介しています。 レシピ Payara を設定する e Builder を設定する リモートデバッグを行う 1. Pay …

no image

スクリプト開発でのCSRF対策(formタグ編)

Cross Site Request Forgery(CSRF)とは、閲覧者に不正にHTTPリクエストを送信させ、攻撃者の意図した処理を実行させる攻撃手法です。 このCookBookでは、スクリプト開 …

no image

スレッドダンプの取り方

このCookBookでは、スレッドダンプの取り方について紹介しています。 以下に手順を説明しますが、スレッドダンプは必ず問題の事象が発生している時に取得してください。 例えば、動作が重い・非同期処理が …

no image

IM-BloomMaker でページ切り替え時にアニメーションを付加する方法

このCookBookではエレメントの固有IDとCSSエディタを組み合わせ、「ページを開く」アクションでページ切り替え時に、横方向にスクロールするようなアニメーションが行われる画面を作成していきます。 …

no image

No.5 外部サイトの定期監視

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。 こちらの例では、LogicDesignerからIM-FormaDesigner / IM-BIS / IM …

RSSRSSRSSRSS