CookBook

Payara のログレイアウトを変更する方法

投稿日:

この CookBook では、Payara のログ出力を変更する方法について紹介しています。

レシピ

  1. フォーマッタを実装します。
  2. 実装したフォーマッタを適用します。
  3. ログを確認します。

1. フォーマッタを実装します。

以下のようなフォーマッタを実装します。

PayaraLogFormatter.java

以下のコマンドを実行し、PayaraLogFormatter.class ファイルにコンパイルします。
javac PayaraLogFormatter.java

以下のコマンドを実行し、PayaraLogFormatter.jar ファイルを作成します。
jar cvf PayaraLogFormatter.jar PayaraLogFormatter.class

2. 実装したフォーマッタを適用します。

ステップ 1 で作成した PayaraLogFormatter.jar ファイルを glassfish/domains/domain1/lib/ext フォルダに配置します。
glassfish/domains/domain1/config/logging.properties ファイルを開きます。

この行を

このように変更します。

設定を変更後、Payara サーバを再起動します。

3. ログを確認します。

変更前は、以下のように表示されます。

変更後、以下のように表示されます。

このように、java.util.logging.Formatter の実装クラスを準備することで、ログフォーマットを変更できます。
是非ご活用ください。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

IM-BISで複数のセレクトボックスを連動させて利用する方法

このCookBookでは、セレクトボックスの選択結果によって、他のセレクトボックスの選択肢を絞り込む方法を説明します。 この方法は、IM-BIS導入環境で利用することができます。IM-FormaDes …

no image

FormaDesignerで作成したフォーム内でカーソル遷移を制御する方法

このCookbookでは、FormaDesignerで作成したフォーム内でカーソル遷移を制御する方法を紹介します。 Tabキーを使ったカーソル遷移を考慮し、ユーザビリティが高いフォームを作成しましょう …

ワークフローの参照者を動的に設定する

このCookbookでは、IM-Workflow 2018 Springから新たに追加された 処理対象者プラグイン「ロジックフロー(ユーザ)」 の設定方法を紹介いたします。 この機能を利用すると、申請 …

no image

IM-FormaDesignerで作成したフォーム内で、外部連携を利用して最も簡単に値を渡す方法(単一アイテム編)

このCookBookでは、IM-FormaDesignerで作成したフォーム画面の中で、アイテムからアイテムへ値を渡す方法について紹介します。 今回は例として、文字列と数値の値を同時にアイテムからアイ …

IM-BloomMaker のアクション「URL ○ にリクエストを送信する」の使い方

このCookBookでは、「URL ○ にリクエストを送信する」アクションを使ってサンプル画面を作成する方法を紹介します。 2019 Summer では「URL ○ にアクセスする」でしたが、 201 …

RSSRSSRSSRSS