CookBook

Payara 管理画面で行った設定を CUI で実施する方法

投稿日:

この CookBook では、Payara の Asadmin Recorder 機能について紹介しています。
Asadmin Recorder 機能についての詳細を知りたい方は Asadmin Recorder を参照してください。

レシピ

  1. Payara の管理コンソールにログインします。
  2. 管理画面右上の「Enable Asadmin Recorder」をクリックします。
  3. 管理画面より設定を行います。
  4. glassfish/domains/domain1/asadmin-commands.txt ファイルを確認します。
  5. asadmin を実行します。

1. Payara の管理コンソールにログインします。

Payara の管理コンソールにログインします。
詳細は「管理コンソールにアクセス」を参照してください。

2. 管理画面右上の「Enable Asadmin Recorder」をクリックします。

管理画面右上の「Enable Asadmin Recorder」をクリックします。

「Enable Asadmin Recorder?」と聞かれるので「OK」をクリックします。

有効化されました。
これにより、以降管理コンソールでの操作が asadmin コマンドに変換され、glassfish/domains/domain1/asadmin-commands.txt に出力されるようになります。

3. 管理画面より設定を行います。

管理画面より適当に設定を行います。
ここでは、以下のドキュメントに書かれている Connection Pool の作成を行います。
PostgreSQL の Connection Pool の作成

4. glassfish/domains/domain1/asadmin-commands.txt ファイルを確認します。

以下のような内容が出力されているはずです。

glassfish/domains/domain1/asadmin-commands.txt

5. asadmin を実行します。

上記の出力されたコマンドを実行することで、画面から実行した設定を CUI で行うことができます。
画面から PostgreSQL の Connection Pool を作成したため、上記のコマンドを実行することで、同様に Connection Pool を作成できます。

CUI から確認するために、一度画面から作成した Connection Pool(PgPool) を削除しておきます。

確認ダイアログが表示されたら「OK」をクリックします。

削除されました。

asadmin を実行します。

1行目のコマンドを実行します。

成功すると、以下のようなログが出力されます。(パスワードを聞かれた場合、管理コンソールにログインした際のパスワードを入力してください)

続いて2行目のコマンドを実行します。

成功すると、以下のようなログが出力されます。(パスワードを聞かれた場合、管理コンソールにログインした際のパスワードを入力してください)

管理コンソールより、CUI から登録した Connection Pool が確認できます。

このように、Asadmin Recorder を利用することで管理画面で行った操作を CUI で実行することができます。
是非ご活用ください。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Web API Maker を利用した API の作成方法

この CookBook では、Web API Maker を利用した API の作成方法 について紹介しています。 Web API Maker を利用したプログラミングは intra-mart Acc …

no image

intra-mart WebPlatform の access.log に X-Forwarded-For を出力する方法。

この CookBook では、intra-mart WebPlatform の access.log に X-Forwarded-For を出力する方法について紹介しています。 フロントに Web サ …

IM-Wiki

Wiki機能の活用例

このCookbookでは、intra-mart Accel Platform 2018 Springから利用可能なWiki機能(IM-Wiki)の活用例について紹介します。 今回の記事では実際にWik …

no image

スクリプト開発した画面にバリデーション(入力チェック)を実装する

このCookBookでは、作成した画面項目に対してバリデーション(入力チェック)を設定する方法をご紹介します。 今回はスクリプト開発で登録フォームを作成するで作成した画面項目に対して、クライアントサイ …

no image

スクリプト開発でのCSRF対策(formタグ編)

Cross Site Request Forgery(CSRF)とは、閲覧者に不正にHTTPリクエストを送信させ、攻撃者の意図した処理を実行させる攻撃手法です。 このCookBookでは、スクリプト開 …