CookBook

Payara 管理画面で行った設定を CUI で実施する方法

投稿日:

この CookBook では、Payara の Asadmin Recorder 機能について紹介しています。
Asadmin Recorder 機能についての詳細を知りたい方は Asadmin Recorder を参照してください。

レシピ

  1. Payara の管理コンソールにログインします。
  2. 管理画面右上の「Enable Asadmin Recorder」をクリックします。
  3. 管理画面より設定を行います。
  4. glassfish/domains/domain1/asadmin-commands.txt ファイルを確認します。
  5. asadmin を実行します。

1. Payara の管理コンソールにログインします。

Payara の管理コンソールにログインします。
詳細は「管理コンソールにアクセス」を参照してください。

2. 管理画面右上の「Enable Asadmin Recorder」をクリックします。

管理画面右上の「Enable Asadmin Recorder」をクリックします。

「Enable Asadmin Recorder?」と聞かれるので「OK」をクリックします。

有効化されました。
これにより、以降管理コンソールでの操作が asadmin コマンドに変換され、glassfish/domains/domain1/asadmin-commands.txt に出力されるようになります。

3. 管理画面より設定を行います。

管理画面より適当に設定を行います。
ここでは、以下のドキュメントに書かれている Connection Pool の作成を行います。
PostgreSQL の Connection Pool の作成

4. glassfish/domains/domain1/asadmin-commands.txt ファイルを確認します。

以下のような内容が出力されているはずです。

glassfish/domains/domain1/asadmin-commands.txt

5. asadmin を実行します。

上記の出力されたコマンドを実行することで、画面から実行した設定を CUI で行うことができます。
画面から PostgreSQL の Connection Pool を作成したため、上記のコマンドを実行することで、同様に Connection Pool を作成できます。

CUI から確認するために、一度画面から作成した Connection Pool(PgPool) を削除しておきます。

確認ダイアログが表示されたら「OK」をクリックします。

削除されました。

asadmin を実行します。

1行目のコマンドを実行します。

成功すると、以下のようなログが出力されます。(パスワードを聞かれた場合、管理コンソールにログインした際のパスワードを入力してください)

続いて2行目のコマンドを実行します。

成功すると、以下のようなログが出力されます。(パスワードを聞かれた場合、管理コンソールにログインした際のパスワードを入力してください)

管理コンソールより、CUI から登録した Connection Pool が確認できます。

このように、Asadmin Recorder を利用することで管理画面で行った操作を CUI で実行することができます。
是非ご活用ください。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

No.5 外部サイトの定期監視

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。 こちらの例では、LogicDesignerからIM-FormaDesigner / IM-BIS / IM …

no image

IM-BloomMaker ストレージ上のファイルをダウンロードする方法

この CookBook ではストレージ上のファイルをダウンロードする方法を紹介します。ダウンロードするファイルの設置、必要なロジックの作成、画面からのロジックの呼び出し方法について順序立てて説明してい …

no image

ノード毎に入力モード(表示モード)変換を切り替える方法

このCookBookでは、BISワークフローにおいて、ノード毎に各アイテムの入力(表示)モードを切り替える方法を紹介します。 ノード毎に別画面を作成する方法もありますが、本稿ではアクション設定を利用し …

no image

IM-BloomMaker Modifier の使い方

このCookBookでは、2020 Summer から利用可能になった環境変数($env)に含まれる「modifier」について紹介しています。 modifier は、同じく 2020 Summer …

「イベント」ボタン・「一覧へ戻る」ボタンを使用し任意の遷移先を設定する

このCookBookでは、IM-FormaDesignerの画面アイテム・ボタンを使用し、任意の画面に遷移する方法について紹介しています。 設定方法は下記の2パターンです。 「イベント」ボタンを使用す …