CookBook

カテゴリ単位にIM-FormaDesignerのアプリケーションを管理する方法

投稿日:

このCookbookでは、intra-mart Accel Platform 2019 Summerから利用可能なIM-FormaDesignerの新しいアプリケーション一覧を紹介します。
新しいアプリケーション一覧では、アプリケーションにカテゴリを設定できるようになりました。
今回の記事ではアプリケーションにカテゴリを設定する方法を紹介します。

完成イメージ

  1. アプリケーション一覧を表示すると、カテゴリによって分類されたアプリケーション一覧が出力されます。
  2. Forma作成者ユーザには、アクセス権限が付与されたカテゴリのみ表示されます。

レシピ

  1. カテゴリを作成する。
  2. カテゴリにアプリケーションを登録する。(例1)
  3. カテゴリにアクセス権限を付与する。(例2)

例1:カテゴリ単位でアプリケーションを分類する。

カテゴリにアプリケーションを登録することで、機能、部署等で分けて管理することができます。
例えば、勤怠関連アプリケーションは「勤怠管理」カテゴリに登録してアクセス権限を設定すると、アクセス権限が付与された特定のForma作成者のみが該当するアプリケーションの編集を実行できます。

1. カテゴリを作成する。

IM-FormaDesignerのカテゴリを作成してください。

Formaアプリ作成管理者の権限を持っているユーザのみカテゴリの作成ができます。

2. カテゴリにアプリケーションを登録する。

カテゴリに追加したいアプリケーションを選択して、登録してください。

3. 設定内容を確認する。

生成したカテゴリに追加したアプリケーションが表示されていることを確認できます。

例2:カテゴリ単位で作成権限を付与する。

IM-FormaDesignerではカテゴリごとにアクセス権限を付与することができます。
ユーザ、ロール、組織、パブリックグループ単位でアクセス権限を付与できるようになり、アクセス権限を柔軟に設定することができます。
ここでは、「総務部署」に所属しているユーザが「勤怠管理」関連のアプリケーションを管理できるように設定を行います。

1. カテゴリを修正する。

権限を付与したい組織(または、ユーザ・ロール・パブリックグループ)を選択して、保存してください。

2. 設定内容を確認する。

アクセス権限を付与したユーザのみ、カテゴリ内のアプリケーションを編集・追加できるようになりました。

この記事で紹介するIM-FormaDesignerの新しいアプリケーション一覧のサンプル例は以上です。
アプリケーションをもっと気楽に管理できるカテゴリ機能を是非ご活用ください。

補足

-CookBook
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

多要素認証(MFA)のバックアップコードを生成していないユーザに通知を送る方法

この CookBook では、多要素認証のバックアップコードを生成していないユーザに通知を送る方法について紹介しています。 多要素認証では Google Authenticator を用いて認証を行い …

no image

Formaのスクリプトから処理対象者を制御するには

このCookBookでは、スクリプトを利用してIM-Workflowの動的ノード(動的承認、縦配置、横配置)の処理対象者を制御する方法をご紹介します。 スクリプトから動的処理対象者設定機能を利用するこ …

no image

デバッグサーバ起動時に出力されるコンソールの情報をファイル出力する方法

このCookBookでは、e Builder でデバッグサーバの利用時にコンソールに出力された内容を、別途指定したファイルに出力する方法について紹介しています。 完成イメージ 1. 指定したファイルに …

IM-BloomMaker のアクション「複数選択組織検索ダイアログを表示する」の使い方

このCookBookでは、「複数選択組織検索ダイアログを表示する」アクションの使用方法について紹介します。 「複数選択組織検索ダイアログを表示する」アクションは、共通マスタから取得した組織情報をダイア …

no image

未完了案件・完了案件を全て削除する方法

このCookBookでは、LogicDesignerを利用してワークフローの未完了案件・完了案件を一括削除する方法を紹介します。 開発環境のお掃除に役立つTipsです。 削除した案件は復元することがで …