CookBook

IM-BloomMaker サイドメニューの使い方

投稿日:2020-08-03 更新日:

このCookBookでは、2020 Summer から利用可能になったサイドメニューエレメントの使い方について紹介しています。

エレメントの概要

サイドメニューエレメントは、「intra-mart Accel Platform Slim Side Menu テーマ」利用時に表示されるサイドメニューと同様の機能を持つエレメントです。
2020 Summer で追加されたコンテンツ種別「Bulma」を使用して作成した画面にはテーマが適用されないため、テーマが提供しているグローバルナビやマイメニューなどの機能を利用することができません。
サイドメニューエレメントを利用することにより、テーマが提供している機能と同様の機能が利用可能になります。
Slim Side Menu テーマの詳細については以下のドキュメントを参照してください。
intra-mart Accel Platform テーマ仕様書-Slim Side Menuテーマ

エレメントの制限事項や注意点

認可による機能の制限について

サイドメニューエレメントでは、認可による機能の制限を行っていません。
そのため、アクセス権限のない画面への遷移や機能を利用しようとした場合、403 エラーが発生します。

スマートフォンでサイドメニューエレメントを利用する時の制限について

スマートフォンではマイメニュー機能は利用できません。

Slim Side Menu テーマのサイドメニューとの差異について

  • サイドメニューエレメントには文字サイズ変更機能はありません。
  • サイドメニューエレメントにはヘルプ機能はありません。

上記以外にもSlim Side Menu テーマのサイドメニューと動作が異なる箇所があります。

エレメントの利用方法

  1. コンテンツ種別「Bulma」のコンテンツを作成する
  2. 「サイドメニューコンテナ」エレメントを配置する
  3. 「サイドメニューコンテンツ」エレメントの配下にエレメントを配置する

1. コンテンツ種別「Bulma」のコンテンツを作成する

サイドメニューエレメントは、コンテンツ種別「imui」以外を使用時に利用できます。

  1. コンテンツ一覧画面を表示し、「コンテンツ新規作成」ボタンをクリックしてください。

  2. コンテンツ種別のプルダウンから「Bulma」を選択してください。

  3. その他の項目に任意の内容を入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

2. 「サイドメニューコンテナ」エレメントを配置する

  1. 前項で作成したコンテンツのデザイナ画面を開いてください。

  2. パレットの「レイアウト」カテゴリ内の「サイドメニューコンテナ」エレメントを配置してください。

3. 「サイドメニューコンテンツ」エレメントの配下にエレメントを配置する

「サイドメニューコンテンツ」エレメントの配下にエレメントを配置することでサイドメニューのある画面を作成することができます。
作成したい画面に必要なエレメントを配置して画面を作成してください。

「サイドメニューコンテナ」エレメントを配置しているコンテナページでは、「サイドメニューコンテンツ」エレメントの配下以外にエレメントを配置しないでください。
アプリケーション画面のレイアウトが崩れる可能性があります。

サイドメニューエレメントはプレビュー画面、および、アプリケーション画面では以下のように表示されます。

プレビュー画面

アプリケーション画面

プレビュー画面では、誤って他の画面に遷移したりログアウトしてしまうのを防ぐため、サイドバーの開閉ボタンやアイコンは動作しないようになっています。

-CookBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Formaの実行画面でアクセスログを収集する

このCookBookでは、Formaの実行画面で、アクセスログを収集する方法を紹介します。 サンプルでは、登録画面を開いた時点とデータ登録を実行した時点で、ログを収集します。 ログを収集することで、登 …

no image

IFTTT と連携して LogcDesigner のフローを呼び出す方法

この CookBook では、IFTTT と連携して LogcDesigner のフローを呼び出す方法について紹介しています。 Twitter から「intra-mart」を含むつぶやきを検索し、IM …

no image

【ViewCreator】検索にヒットした件数を取得する関数の作り方。

このCookBookでは、ViewCreatorで検索にヒットした件数を取得する関数の作り方についてご紹介します。 ユーザ定義関数についての詳細は下記のドキュメントを参照してください。 ViewCre …

no image

eBuilderの起動時処理のパフォーマンス改善

このCookBookでは、ローカル環境でe Builderの起動を速くするための設定を行います。 そのために、特定の機能を外して速く起動させる設定の方法について説明します。 ただし本設定を行うことによ …

no image

Cassandra の Docker を作成する。

この CookBook では、Cassandra の Docker の作成手順について紹介しています。 レシピ ベースイメージの作成 Cassandra の Docker イメージを作成します 実行し …

RSSRSSRSSRSS