CookBook

Payara で Java のリモートデバッグを行う

投稿日:

この CookBook では、Payara のリモートデバッグを行う手順について紹介しています。

レシピ

  1. Payara を設定する
  2. e Builder を設定する
  3. リモートデバッグを行う

1. Payara を設定する

intra-mart Accel Platform intra-mart Accel Platform セットアップガイド (Payara編) - Debug の設定
を参考にして、imart-config の JVM Settings より Debug の Enabled をチェックして有効化します。

デバッグポートは管理コンソールの [Instances] - [imart-instance] の [General] タブの [Debug: Enabled on Port: 29009] から確認できます。
この場合、29009 がリモートデバッグのポートです。

2. e Builder を設定する

e Builder を起動し、[Debug Configurations...] を開きます。

[Remote Java Application] を右クリックし、[New] をクリックします。

[Browse...] をクリックし、リモートデバッグの対象としたいプロジェクトを追加します。
ここで追加したプロジェクトがリモートデバッグの対象になります。

Host に Payara を起動しているマシンの名前/IPアドレスを、Port に Payara 側に設定したリモートデバッグのポート番号を指定します。

接続できた場合、Debug ビューにこのように表示されます。

Debug ビューが表示されていない場合、[Window] - [Show View] - [Other...] - [Debug] より表示できます。

3. リモートデバッグを行う

デバッグしたい行をダブルクリックし、ブレークポイントを設定します。
Payara サーバで該当の処理が実行された際に、ブレークポイントで処理を止めることができます。

あとは、ローカルでデバッグする際と同様の手順でデバッグを行うことができます。

このように、Payara を利用した場合でも Java のリモートデバッグを行うことができます。
是非ご活用ください。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

承認ノードの画面アイテムに任意の初期値を設定する方法

このCookBookでは、BISワークフローにおいて、承認ノードの画面アイテムに任意の初期値を設定する方法を紹介します。 画面アイテムに任意の初期値を設定する方法としては、画面アイテムプロパティである …

no image

Formaの実行画面でアクセスログを収集する

このCookBookでは、Formaの実行画面で、アクセスログを収集する方法を紹介します。 サンプルでは、登録画面を開いた時点とデータ登録を実行した時点で、ログを収集します。 ログを収集することで、登 …

no image

未完了案件・完了案件を全て削除する方法

このCookBookでは、LogicDesignerを利用してワークフローの未完了案件・完了案件を一括削除する方法を紹介します。 開発環境のお掃除に役立つTipsです。 削除した案件は復元することがで …

no image

IM-Workflowの一覧を業務別に使い分けるには

この記事では、”もっと効率的に” IM-Workflowを利用した業務ができるように、一覧画面に表示するフローや案件を絞り込んで表示するための手順をご紹介します。 「フローグループ」機能を利用し、一覧 …

IM-BloomMaker カスタムスクリプトの使い方と$variableからの取得・代入の方法

このCookBookでは、IM-BloomMakerのアクションの一つであるカスタムスクリプトの使い方と$variable(変数)からの取得および代入の方法について紹介しています。 実際にサンプル画面 …

RSSRSSRSSRSS