CookBook

Payara で Java のリモートデバッグを行う

投稿日:

この CookBook では、Payara のリモートデバッグを行う手順について紹介しています。

レシピ

  1. Payara を設定する
  2. e Builder を設定する
  3. リモートデバッグを行う

1. Payara を設定する

intra-mart Accel Platform intra-mart Accel Platform セットアップガイド (Payara編) - Debug の設定
を参考にして、imart-config の JVM Settings より Debug の Enabled をチェックして有効化します。

デバッグポートは管理コンソールの [Instances] - [imart-instance] の [General] タブの [Debug: Enabled on Port: 29009] から確認できます。
この場合、29009 がリモートデバッグのポートです。

2. e Builder を設定する

e Builder を起動し、[Debug Configurations...] を開きます。

[Remote Java Application] を右クリックし、[New] をクリックします。

[Browse...] をクリックし、リモートデバッグの対象としたいプロジェクトを追加します。
ここで追加したプロジェクトがリモートデバッグの対象になります。

Host に Payara を起動しているマシンの名前/IPアドレスを、Port に Payara 側に設定したリモートデバッグのポート番号を指定します。

接続できた場合、Debug ビューにこのように表示されます。

Debug ビューが表示されていない場合、[Window] - [Show View] - [Other...] - [Debug] より表示できます。

3. リモートデバッグを行う

デバッグしたい行をダブルクリックし、ブレークポイントを設定します。
Payara サーバで該当の処理が実行された際に、ブレークポイントで処理を止めることができます。

あとは、ローカルでデバッグする際と同様の手順でデバッグを行うことができます。

このように、Payara を利用した場合でも Java のリモートデバッグを行うことができます。
是非ご活用ください。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

intra-mart WebPlatform の access.log に X-Forwarded-For を出力する方法。

この CookBook では、intra-mart WebPlatform の access.log に X-Forwarded-For を出力する方法について紹介しています。 フロントに Web サ …

IM-BloomMaker 画面操作後に入力規則のチェックが行われるフォームの作成

変数の入力規則のチェックは画面表示後すぐに行われ、入力規則に反している場合はエラーが表示されます。 このCookBookでは intra-mart Accel Platform 2020 Summer …

no image

Payara のログレイアウトを変更する方法

この CookBook では、Payara のログ出力を変更する方法について紹介しています。 レシピ フォーマッタを実装します。 実装したフォーマッタを適用します。 ログを確認します。 1. フォーマ …

no image

FormaDesignerで作成したフォーム内でカーソル遷移を制御する方法

このCookbookでは、FormaDesignerで作成したフォーム内でカーソル遷移を制御する方法を紹介します。 Tabキーを使ったカーソル遷移を考慮し、ユーザビリティが高いフォームを作成しましょう …

no image

BloomMaker 入力規則エラーメッセージエレメントの使い方

このCookBookでは、Accel Platform 2021 Springで追加されたエレメント「入力規則エラーメッセージ」について紹介しています。 「入力規則エラーメッセージ」は、指定した変数に …