CookBook

Payara で Java のリモートデバッグを行う

投稿日:

この CookBook では、Payara のリモートデバッグを行う手順について紹介しています。

レシピ

  1. Payara を設定する
  2. e Builder を設定する
  3. リモートデバッグを行う

1. Payara を設定する

intra-mart Accel Platform intra-mart Accel Platform セットアップガイド (Payara編) - Debug の設定
を参考にして、imart-config の JVM Settings より Debug の Enabled をチェックして有効化します。

デバッグポートは管理コンソールの [Instances] - [imart-instance] の [General] タブの [Debug: Enabled on Port: 29009] から確認できます。
この場合、29009 がリモートデバッグのポートです。

2. e Builder を設定する

e Builder を起動し、[Debug Configurations...] を開きます。

[Remote Java Application] を右クリックし、[New] をクリックします。

[Browse...] をクリックし、リモートデバッグの対象としたいプロジェクトを追加します。
ここで追加したプロジェクトがリモートデバッグの対象になります。

Host に Payara を起動しているマシンの名前/IPアドレスを、Port に Payara 側に設定したリモートデバッグのポート番号を指定します。

接続できた場合、Debug ビューにこのように表示されます。

Debug ビューが表示されていない場合、[Window] - [Show View] - [Other...] - [Debug] より表示できます。

3. リモートデバッグを行う

デバッグしたい行をダブルクリックし、ブレークポイントを設定します。
Payara サーバで該当の処理が実行された際に、ブレークポイントで処理を止めることができます。

あとは、ローカルでデバッグする際と同様の手順でデバッグを行うことができます。

このように、Payara を利用した場合でも Java のリモートデバッグを行うことができます。
是非ご活用ください。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

imuiListTableで複数選択した行データを取得する方法

このCookBookでは、imuiListTableで複数選択した行データを取得する方法を紹介します。 imuiListTableについての詳細はAPIドキュメントを参照してください。 [imuiLi …

処理モーダルで差戻先ノードを固定する

このCookBookでは、ボタンアイテム(処理モーダル)において、差戻先ノードを固定する方法を紹介します。 完成イメージ ノード「approve2」の差戻先ノードをノード「apply」に固定する。 処 …

no image

OAuth2.0 の アクセストークンを Google から取得する方法

このクックブックでは、OAuth2.0 の アクセストークンを Google から取得する方法を説明します。 intra-mart Accel Platformでは、OAuth2.0 の アクセストー …

BloomMakerでワークフローの一括承認画面を作成する

このCookBookでは、BloomMakerで、ワークフローの一括承認画面を作成してみました。 本稿で紹介のサンプルのように、BloomMakerを利用することで、ちょっとした要件に応じた画面が簡単 …

no image

入力画面の後に入力内容の確認画面を設定する方法

このCookbookでは、入力画面からの登録時に入力内容の確認画面を設定する方法を説明します。 この方法は、以下の製品で作成したアプリケーションやフローで利用できます。 IM-FormaDesigne …