CookBook

処理モーダルで差戻先ノードを固定する

投稿日:

このCookBookでは、ボタンアイテム(処理モーダル)において、差戻先ノードを固定する方法を紹介します。

完成イメージ


ノード「approve2」の差戻先ノードをノード「apply」に固定する。
処理モーダルのsendback箇所に差戻先ノードの初期値を指定し、readonlyで表示するようにしています。

以下の環境でこの機能は利用できます。

  • IM-BIS for Accel Platform 2020 Winter(8.0.24)以降のバージョンであること
  • IM-FormaDesigner for Accel Platform 2020 Winter(8.0.26-Patch001)以降のバージョンであること

レシピ

  1. BISワークフローを作成する。
  2. アクションを設定する。
  3. 作成したBISワークフローにて、フローを実行する。

設定項目の詳細は、添付のサンプルを参照してください。

1. BISワークフローを作成する。

BISワークフローを作成します。

2. アクションを設定する。

form Designer 画面の「Action settings」-「Item event」を設定します。
Button(process modal)を選択し、「Conditions」に特定のnodeidを指定することで、イベントの発火を限定することができます。

imwNodeId="approve2"

imwNodeId以外にも、条件として利用できるパラメータは存在します。
パラメータ値の詳細はCodeListを参照してください。

「Custom scripts」に下記を設定します。

処理モーダルに対して設定できるスクリプトは、こちらを参照してください。

3. 作成したBISワークフローにて、フローを実行する。

BISワークフローのapprove2ノードの処理モーダルを表示します。
処理モーダルのsendback箇所が、applyノードが選択され、変更不可なことが確認できました。

-CookBook
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

前回のログイン時刻を表示するポートレットの作成方法

このクックブックでは、前回のログイン時刻を表示するポートレットの作成方法をご紹介します。 具体的には、以下の3つの情報を表示するポートレットを作成します。 前回のログイン時刻 前回ログイン時のIPアド …

no image

Payara 5.184 を Google Kubernetes Engine(GKE) から利用する

この CookBook では、Payara を GKE 上で実行しクラスタリングを構築する手順について紹介しています。 Payara 5.184 で Kubernetes Cluster Mode が …

FormaDesignerのユーザプログラム前処理と後処理をロジックフローで作成する方法

このCookBookでは、FormaDesignerのユーザプログラム前処理と後処理をロジックフローで作成する方法を紹介します。 サンプルでは、ユーザプログラム前処理と後処理を利用して、Workflo …

no image

WebServer へのリクエスト情報から動的に BaseURL を決定する方法(Apache 編)

ここでは、WebServer(Apache)へのリクエスト情報から BaseURL を動的に決定する方法を BaseUrlProvider のサンプル実装、Apache との連携例と共に紹介します。 …

no image

ワークスペースとファイルライブラリ機能との連携

このCookBookでは、「intra-mart Accel Collaboration」の機能の1つであるワークスペースと「intra-mart Accel Collaboration」のファイルラ …