CookBook

処理モーダルで差戻先ノードを固定する

投稿日:

このCookBookでは、ボタンアイテム(処理モーダル)において、差戻先ノードを固定する方法を紹介します。

完成イメージ


ノード「approve2」の差戻先ノードをノード「apply」に固定する。
処理モーダルのsendback箇所に差戻先ノードの初期値を指定し、readonlyで表示するようにしています。

以下の環境でこの機能は利用できます。

  • IM-BIS for Accel Platform 2020 Winter(8.0.24)以降のバージョンであること
  • IM-FormaDesigner for Accel Platform 2020 Winter(8.0.26-Patch001)以降のバージョンであること

レシピ

  1. BISワークフローを作成する。
  2. アクションを設定する。
  3. 作成したBISワークフローにて、フローを実行する。

設定項目の詳細は、添付のサンプルを参照してください。

1. BISワークフローを作成する。

BISワークフローを作成します。

2. アクションを設定する。

form Designer 画面の「Action settings」-「Item event」を設定します。
Button(process modal)を選択し、「Conditions」に特定のnodeidを指定することで、イベントの発火を限定することができます。

imwNodeId="approve2"

imwNodeId以外にも、条件として利用できるパラメータは存在します。
パラメータ値の詳細はCodeListを参照してください。

「Custom scripts」に下記を設定します。

処理モーダルに対して設定できるスクリプトは、こちらを参照してください。

3. 作成したBISワークフローにて、フローを実行する。

BISワークフローのapprove2ノードの処理モーダルを表示します。
処理モーダルのsendback箇所が、applyノードが選択され、変更不可なことが確認できました。

-CookBook
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Milkode のご紹介

この CookBook では、Milkode について紹介しています。 intra-mart 開発本部ではソースコード検索エンジンとして Milkode を利用しています。 導入 導入は Instal …

no image

ジョブを作成して定期実行する

このCookBookでは、以下の開発モデルでジョブを作成する方法と、作成したジョブを指定した時刻に定期実行する方法を紹介します。 ・スクリプト開発モデル ・JavaEE開発モデル いずれのモデルでもジ …

no image

ViewCreatorとIM-FormaDesignerを利用して、既存テーブルのデータを表示する。

このCookBookでは、ViewCreatorとForma画面を利用して、既存テーブルのデータを表示する方法を説明します。 ViewCreatorでテーブルデータの一覧を表示し、IM-FormaDe …

no image

IM-BloomMaker コンボボックスエレメントのサジェストにサーバから取得した値を表示する

このCookBookでは、intra-mart Accel Platform 2020 Spring から利用可能になったコンボボックスエレメントのサジェストにサーバから取得した値を表示する方法につい …

IM-BloomMaker グラフエレメントの使い方(円グラフ編)

この CookBook では、intra-mart Accel Platform 2019 Winter から利用可能になった IM-BloomMaker の円グラフの活用方法について紹介しています。 …