CookBook

IM-BloomMaker 異なるコンテンツ間でアクションをコピーする方法

投稿日:

この CookBook では intra-mart Accel Platform 2021 Winter から利用可能になったアクションの複製機能を使用して、異なるコンテンツ間でアクションをコピーする方法を紹介します。

アクションの複製機能とは

2021 Winter からアクションの切り取り・コピー・貼り付け機能が追加されました。
この機能を使用すると、別タブにまたがってアクションの切り取り・コピー・貼り付けが可能です。
エレメントとアクションは、異なるクリップボードにコピーされます。
im_cookbook_203020_001

事前準備

コピーされるのはアクションのみで、アクション内の各アクションアイテムで使用している変数・コンテナページ・アクションはコピーされません。
そのため、コピー先でも同じ動作を行うようにするためには、以下の事前準備を行ってください。

変数の場合

  • コピー先のコンテンツ定義で、アクションアイテムのパラメータに設定されている変数のうち、引き継ぎたい変数を作成します。
  • 例えば、コピー元のアクションで $variable.item.itemId を使用している場合、アクションを複製する前に、コピー先のコンテンツ定義で $variable.item.itemId を作成しておきます。
  • 変数を作成する前に後述の「アクションのコピー」を操作した場合は、アクションアイテムのパラメータ設定で再設定します。

im_cookbook_203020_002

コンテナページの場合

  • コピー先のコンテンツ定義で、アクションアイテムのパラメータに設定されているコンテナページのうち、引き継ぎたいコンテナページを作成します。
  • コンテナページ内に必要なエレメントを配置するか、コピー元からコピー・貼り付けします。
  • 後述の「アクションのコピー」を操作後、アクションアイテムのパラメータ設定で再選択します。

im_cookbook_203020_003

アクションの場合

  • コピー先のコンテンツ定義で、アクションアイテムのパラメータに設定されているアクションのうち、引き継ぎたいアクションを作成するか、コピー元からコピー・貼り付けします。
  • 後述の「アクションのコピー」を操作後、アクションアイテムのパラメータ設定で再選択します。

im_cookbook_203020_004

アクションのコピー

コピー元のコンテンツ定義のデザイナを開きます。
コピーしたいアクションを選択して、「アクション」タブ上の「コピー」アイコンをクリックします。
im_cookbook_203020_005

コピー先のコンテンツ定義のデザイナを開きます。
「アクション」タブを開くと「貼り付け」アイコンが有効になっていますので、「貼り付け」アイコンをクリックします。
im_cookbook_203020_006

アクションが複製されますので、「編集」アイコンをクリックします。
im_cookbook_203020_007

アクション内に、コピー元と同じ各アクションアイテムが登録されていることを確認してください。

各アクションアイテムのパラメータを確認

前述のとおり、アクションアイテムのパラメータのうち、変数・コンテナページ・アクションを指定している箇所においては、参照先がないためコピーが行われず、未設定状態に戻っているものがあります。
未設定状態のパラメータは、コピー先に存在する変数・コンテナページ・アクションを再選択してください。
コピー先では不要なアクションアイテムが存在する場合は、削除してください。
コピーされたアクションが適切に動作するか確認するため、アクションのデバッグは必ず行ってください。
im_cookbook_203020_008

-CookBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

IM-BloomMaker 「リッチテーブル」エレメントのサンプル集

この CookBook では、intra-mart Accel Platform 2020 Spring から利用可能になった IM-BloomMaker のリッチテーブルエレメントの活用方法について …

no image

IM-BISで複数のセレクトボックスを連動させて利用する方法

このCookBookでは、セレクトボックスの選択結果によって、他のセレクトボックスの選択肢を絞り込む方法を説明します。 この方法は、IM-BIS導入環境で利用することができます。IM-FormaDes …

no image

BloomMaker で3桁区切りの数値フォーマットを自動で行うテキストボックスを作成する方法

この CookBook では、IM-BloomMaker を使用して、3桁区切りの数値フォーマットを自動で行うテキストボックスを作成する方法を紹介します。 ※この CookBook は 2021 Su …

no image

スクリプト開発した画面にバリデーション(入力チェック)を実装する

このCookBookでは、作成した画面項目に対してバリデーション(入力チェック)を設定する方法をご紹介します。 今回はスクリプト開発で登録フォームを作成するで作成した画面項目に対して、クライアントサイ …

no image

Formaの実行画面でアクセスログを収集する

このCookBookでは、Formaの実行画面で、アクセスログを収集する方法を紹介します。 サンプルでは、登録画面を開いた時点とデータ登録を実行した時点で、ログを収集します。 ログを収集することで、登 …