CookBook

No.8 Excel からの一括ユーザ一括登録

投稿日:

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。

こちらの例では、LogicDesignerを利用して、入社や組織変更等の発生時に有用なExcelファイルのデータによるユーザの一括登録を実現します。
こちらの実現例では、ユーザの登録と同時に組織やロールの付与、IMBoxのグループへの参加も行います。

前提条件

このサンプルの利用には以下の前提条件があります。

  • IM-LogicDesigner 2017 Summer以降のバージョンであること
  • サンプルデータのインポートが行われていること
  • 対象の環境に以下の製品・機能が導入済みであること
  • IMBox
  • intra-mart Accel Collaboration
  • IM-LogicDesigner Excel連携

サンプル

以下のサンプルをダウンロードしてご利用ください。

サンプルに含まれる定義情報は以下の表のとおりです。

種類 定義名 補足説明
ユーザ定義(Excel入力) ユーザー情報読み取り Excelファイルに記入された登録対象のユーザ情報を読み取るユーザ定義です。
ロジックフロー Excelからアカウント新規登録 Excelファイルからユーザ登録処理を行うためのロジックフローです。
  • ファイル操作による登録データファイルの配置 : [file-ews_2017_5.zip]
  • システム管理者またはテナント管理者によるファイル操作から、以下の表で示すExcelファイルをパブリックストレージ直下にアップロードしてください。
    一括登録を行う元データとして利用します。
  • 手順の詳細は以下のドキュメントをご覧ください。
    [システム管理者操作ガイド] - [ファイル操作]

サンプルに含まれるExcelファイルは以下の表のとおりです。

種類 定義名 補足説明
Excel new_user_list.xlsx ユーザの一括登録を行うためのデータファイルです。パブリックストレージ直下に配置して下さい。

サンプルは、intra-mart Accel Platform(Advanced) 2017 Summer(8.0.17)で動作確認を行っています。

実行時の事前準備

  1. 登録したユーザが参加するためのIMBoxのグループを作成し、IMBoxグループIDを確認してください。
  2. パブリックストレージにアップロードされている「new_user_list.xlsx」の内容に登録対象のユーザを入力して、再度ファイルをパブリックストレージにアップロードしてください。
    なお、IMBoxグループIDの列には、先の手順で作成したIMBoxグループIDを入力してください。

実行方法

  1. ロジックフロー「Excelからアカウント新規登録」をデバッグで実行します。
  2. 正常に処理が終了したら、登録したユーザの情報を確認するとライセンスやロールがファイルの内容どおりに登録できていることが確認できます。

-CookBook
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

IM-LogicDesignerのIM-ContentsSearch コンテンツ登録タスク利用例

このCookBookでは、IM-LogicDesignerのIM-ContentsSearch コンテンツ登録タスクの利用例を紹介します。 IM-BISで作成したワークフローの案件終了処理で、画面項目 …

no image

申請時の注意事項を添付ファイルとして配置する方法

このCookBookでは、申請時の注意事項を記載したファイルを、申請画面の添付ファイルとして配置する方法について紹介しています。 FormaDesignerの前処理プログラムで任意の添付ファイルを設定 …

ワークフローの参照者を動的に設定する

このCookbookでは、IM-Workflow 2018 Springから新たに追加された 処理対象者プラグイン「ロジックフロー(ユーザ)」 の設定方法を紹介いたします。 この機能を利用すると、申請 …

no image

IM-FormaDesignerで作成したフォーム内で、外部連携を利用して最も簡単に値を渡す方法(テーブルアイテム編)

このCookBookでは、IM-FormaDesignerで作成したフォーム画面の中で、テーブルアイテムからテーブルアイテムへ値を渡す方法について紹介します。 今回は例として、グリッドテーブルを利用し …

no image

ViewCreatorのヘッダやフッタに配置するリンクのURLに計算結果を埋め込む方法

本記事では、ViewCreatorのヘッダやフッタにリンクを埋め込む際に、関数を利用する方法をご紹介します。 この方法を利用すると、パラメータ文字列に「今日日付」を受け渡すといったことが実現できます。 …

RSSRSSRSSRSS