開発Blog

[IM-Workflow Version 7.2 Patch01] をリリースしました。

投稿日:

2010年7月30日に、[IM-Workflow Version 7.2 Patch01] をリリースしました。

通常、パッチリリースは不具合等の修正を目的としています。 そのため、パッチでは機能の追加などは積極的に行わないのですが、IM-Workflow では積極的に機能の追加を行っていく方針です。 

また、IM-Workflow では各パッチにテーマを設けて作業を行っています。

今回のパッチのテーマは、「完成度の向上」です。

完成度を上げるために、機能不足を補うために27件の機能追加、42件の機能改善を行ないました。
詳細については、[history.txt]をご確認ください。

今回の主な追加機能を、ご紹介します。

  • クライアント通知機能に対応

    • クライアント通知で、IM-Workflowの新着をお知らせできるようになりました。
  • IM-ContentsSearchに対応

    • 全文検索で、IM-Workflow の案件を検索できるようになりました。
  • IM-共通マスタのリスナーが追加

    • IM-共通マスタへの追加/変更をIM-Workflow のマスタ情報と連携することができます。
  • マスタ定義のインポート/エクスポート 機能の追加

    • 「開発環境から本番環境へ」と言うように、マスタ定義をインポート/エクスポート出来るようになりました。
  • WEBサービス の追加

    • IM-Workflow のWEBサービスが追加されました。
    • 今回追加されたWEBサービスは、一覧取得/処理(申請・承認等)がメインになります。
    • 今後もWEBサービスは追加していく予定です。

これ以外にも、役立つ機能も追加されていますので、是非 [history.txt] をご確認ください。

次にIM-Workflow ではレスポンスも、大きなテーマと位置付けています。
大規模を想定した運用、大量データを想定した運用にも対応していきますので、各パッチでは随時レスポンスの改善を行っていきます。

パッチリリースに合わせて、ドキュメントも修正されています。

IM-Workflow の目玉機能である「処理対象者プラグイン」の作成方法が [プログラミングガイド]に追記されました。
これにより、標準で提供されている組織やロール等の対象者を決定する仕組みに、独自に作成したプログラムを追加することが可能になりました。
より柔軟性を求められるルートを作成する場合や、業務データを判断材料にするルートを作成する場合などで、ご活用ください。

次回のパッチのテーマは、「互換性への対応」です。

今までお使い頂いたワークフロー(通称、BPW)とIM-Workflow を1画面に表示可能な画面をご提供する予定です。
今回のパッチでも、BPW と Im-Workflow の画面をタブで切り替える画面をご提供しましたが、それを一歩進めた形になります。

これ以外にも、機能追加は行われますので、ご期待ください。

次回パッチリリースは、3ヶ月後の10月末を目標としています。

-開発Blog
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Apache Solr & IM-ContentsSearch

こんにちは、開発本部の大西です。 先日開催された、Open intra-mart勉強会で弊社コンサルティングチームの清さんが発表した Apache SolrとIM-ContentsSearchの資料を …

no image

org.apache.poi_v3_8.* にpkg変更した「POI 3.8」を公開

2012-03-26に公開された Apache POI Version 3.8 について、パッケージ名を「org.apache.poi.」から「org.apache.poi_v3_8.」に変更してパッ …

no image

intra-mart Advent Calendar 2013 第16日:ユーティリティメニュー(右上のヤーツ)の機能を追加、削除する方法

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第16日の記事です。 先日、ご紹介した「intra-mart Advent Calendar 2013 第7日:個人設定メニ …

no image

QRコードの表示

こんにちは、開発本部の榎本です。 intra-mart上での画面開発において、QRコードを利用したいという場合があるかと思います。 今回はhttp://www.d-project.comから配布されて …

no image

Formaボタンアイテムのクリック時に任意の処理を追加するには

今回のブログ記事では、ボタンアイテムのクリック時に呼び出されるアイテム固有の処理(データの登録・画面遷移など)の前に、入力値の加工など独自の業務処理をスクリプトとして実行する方法を紹介します。 &nb …

RSSRSSRSSRSS