開発Blog

intra-mart Advent Calendar 2013 第9日:Resin Adminのご紹介

投稿日:

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第9日の記事です。

Accel Platformからの標準のWebアプリケーションサーバであるResin 4.0は、運用面の強化が図られています。特に一番の強化点と言ってもよいのが、Resin AdminといわれるWebUIの管理コンソールが追加された点です。

このResin Adminで、稼働確認、Javaのヒープメモリの状況、ヒープダンプの取得、各リソースのグラフ、スレッドの状況、スレッドダンプの取得、それら情報のPDF出力が利用可能になっています。

例:リソースメーター

例:Javaスレッド

このResin Adminですが、標準で有効になっていますが、ログイン用のユーザを作成し、設定ファイルに記載しないと利用できませんので、利用する場合は、以下の手順で、セットアップしてください。

  1. http://(APサーバ)/resin-admin/ にアクセスすると以下の画面が表示されます。

  1. 上記画面の「Don't have a login yet?」というところの

Username:
Password:
Re-enter password:

に任意のユーザ名、パスワードを指定し、「Crate Configuration File」をクリックしてください。

3.以下の画面のようにユーザの追加手順が表示されるので、
 
resin/conf/resin.propertiesに項番1の
admin_user : (ユーザ名)
admin_password : {SSHA}(パスワードのハッシュ値)
web_admin_external : true
を追記してください。
 
4. Resin起動中にresin.propertiesを保存、更新するとResinが自動的に再起動されます。 
 
5. Resin再起動後、http://(APサーバ)/resin-adminにアクセスし、上記2で作成したユーザ/パスワードでログインすると、以下のようなサマリー画面が表示されますので、左のメニューから任意の機能を利用してください。
 
 
メニューに表示されているように、このWebコンソール上の情報は、JMXでも取得可能になっていますので、JMXに対応している監視ソフトに統合することも可能です。
 
詳細は、Resinのドキュメントをご参照ください。
 

 

 
 

-開発Blog

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

業務スケルトンのバージョンアップ

初めまして。開発本部の齊藤悠です。 本日、eBuilderに組み込まれております「業務スケルトン」のバージョンアップを行ないましたので更新内容をご紹介させて頂きます。 今回の更新では、JavaEE開発 …

no image

intra-mart Advent Calendar 2013 第4日:ViewCreatorの表が色とりどりになってますよ!

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第4日の記事です。 昨日の記事で、ViewCreatorで、計算式を使って、データの値をいろいろと加工できることをご紹介しま …

no image

intra-mart Advent Calendar 2013 第16日:ユーティリティメニュー(右上のヤーツ)の機能を追加、削除する方法

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第16日の記事です。 先日、ご紹介した「intra-mart Advent Calendar 2013 第7日:個人設定メニ …

no image

iCEC2011 IM-Workflow

4/26に開催された「intra-mart Certified Evangelist Conference 2011(iCEC2011)」での講演資料を公開します。 IM-Workflow 04_IM …

no image

社員が運営するコーヒーサービス

こんにちは、開発本部の久我と申します。 高松さんからのパスを受けて、今回は私が普段会社でやっている(というより、やらせていただいている)ことを少しだけご紹介してみたいと思います。 とは言っても、何か特 …

RSSRSSRSSRSS