開発Blog

業務スケルトン

投稿日:

こんにちは。開発本部の大西です。

きょうは、昨年11月末にリリースしたe Builder Application Developer/e Builder Version 7.1 Patch3に機能追加された 「業務スケルトン」 という機能をご紹介します。

この業務スケルトンは、intra-martを利用した開発の初回の開発生産性を向上を目的とした開発支援ツールです。

e-builder上で、この業務スケルトンを動かすと、業務スケルトンウィザードが表示され、e builder Application Developer用のテンプレート(ワークフローの後処理、結合処理やバッチ処理などの処理ロジックを中心に、JavaEE用16種類、スクリプト開発用8種類)、e builder Application Producer用のテンプレート(マスタメンテナンス画面や登録・参照の処理画面、ワークフロー画面など画面遷移を含む処理、16種類)の40種類のテンプレートから、必要項目をウィザードで入力していくだけで、雛形(スケルトン)となるソースコードが出力されます。

また、テンプレート自体も、弊社から提供しているものだけでなく、開発者で追加できるような仕組みになっていますので、開発プロジェクト独自のテンプレートを用いて、利用するといったことも可能です。

業務スケルトンの紹介用のプレゼン資料を以下に、掲載しますので、詳細は、以下の内容をご覧ください。

上記資料の中でも、触れていますが、今後、e-builderだけでなく、BPM|Designerやワークフローデザイナーなど弊社の製品でも活用して行きたいと考えています。

また、近い将来には、開発者の方が作成したテンプレートを相互に流通できるような仕組みも整備していきたいと考えていますので、是非、一度、この業務スケルトンに触れてみてください。

 

-開発Blog
-,

執筆者:

関連記事

no image

Win7(64bit)上で e Builder Ver.7.2 を使用するには…

Windows 7 (64bit) 上で e Builder Ver.7.2 を使用するには現状、 「-d32オプションをeclipse.iniのvmargsに追加する」 方法しかございません。。 [ …

no image

iWP Ver7.xでのチューニング

開発本部の大西です。 開発は半期末とかあまり関係ないと思いきや、諸般の事情でいろいろと大変な今日この頃です。 江本さんがebuilderのネタばかり書くので、傷食気味にならないように、季節柄、チューニ …

no image

スタートパックVer7.1でのタイムゾーン対応について

明日、リリース予定のイントラネット・スタートパック Ver7.1での一番の機能追加内容である、 「タイムゾーン対応」について、以下のスライドでまとめましたので、公開いたします。 ISP710 タイムゾ …

no image

アクセスセキュリティモジュール(ログイン画面)を利用しないでアプリケーションを構築する方法

※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。 ※以下はAPIリストからの抜粋です。 …

no image

Formaスクリプトのデバッグについて

今回のブログ記事では、開発したスクリプトをデバッグするためのTipsを紹介します。 TipsはクライアントサイドJavaScriptの開発一般におけるテクニックを紹介するものであり、製品サポートの対象 …