CookBook

CookBookからダウンロードしてきたプロジェクトのインポート方法

投稿日:

このCookBookでは、他のCookBookからダウンロードしてきたe Builderのモジュール・プロジェクトのインポートについて紹介しています。
プロジェクトをインポートし、プロジェクトの設定を完了させた状態にします。

完成イメージ

レシピを実行することによって、モジュール・プロジェクトをe Builder上に取り込み、デバッグサーバで実行することが可能となります。
null

レシピ

  1. クックブックからプロジェクトをダウンロードする
  2. モジュール・プロジェクトのインポート
  3. モジュール・プロジェクトの設定

1. 手順1 クックブックからプロジェクトをダウンロードする

CookBookの記事に添付されている、プロジェクトのアーカイブファイルをダウンロードして下さい。
ここではプロジェクトのサンプルとして下記URLの記事に添付されているファイルを利用した画像を表示します。

FormaのスクリプトからAjax処理を呼び出す

2. 手順2 モジュール・プロジェクトのインポート

モジュール・プロジェクトをインポートします。
本項ではダウンロードしたプロジェクトをアーカイブファイルのままインポートを行う方法について記述します。

  1. 「プロジェクト・エクスプローラー」や「パッケージ・エクスプローラー」、「ナビゲーター」などワークスペース内のプロジェクトの構成がわかるビューを表示してください。

  2. ビュー内にカーソルを持って行き、表示されているプロジェクトやフォルダ、ファイルにフォーカスが当たっていない状態で右クリックを押下してください。

  3. 表示されたメニューから「インポート」を選択してください。
    null

  4. 表示されたダイアログから、「General」→「既存プロジェクトをワークスペースへ」を選択します。

  5. 「プロジェクトのインポート」において、以下の情報を設定します。
    5.1 「アーカイブ・ファイルの選択」において、ダウンロードしたアーカイブファイルを選択します。
    5.2 5.1 で選択したフォルダ配下にあるプロジェクトが一覧で表示されるので、その中からインポートするプロジェクトを選択します。
    5.3 オプション、及びワーキングセットを選択します。
    null

  6. 終了を押下します。
    null

3. 手順3 モジュール・プロジェクトの設定

インポートしたプロジェクトの設定を行います。
インポートしたプロジェクトの設定は、プロジェクトを作成したときに行う設定と同じです。
詳しくは「intra-mart e Builder for Accel Platform アプリケーション開発ガイド」 - 「プロジェクトの設定」を参照してください。

-CookBook
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

No.5 外部サイトの定期監視

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。 こちらの例では、LogicDesignerからIM-FormaDesigner / IM-BIS / IM …

no image

入力画面の後に入力内容の確認画面を設定する方法

このCookbookでは、入力画面からの登録時に入力内容の確認画面を設定する方法を説明します。 この方法は、以下の製品で作成したアプリケーションやフローで利用できます。 IM-FormaDesigne …

ワークフローの参照者を動的に設定する

このCookbookでは、IM-Workflow 2018 Springから新たに追加された 処理対象者プラグイン「ロジックフロー(ユーザ)」 の設定方法を紹介いたします。 この機能を利用すると、申請 …

no image

テナント環境セットアップ時にテーブルが作成されるよう設定する

e Builderを利用して作成したアプリケーションにおいて、テナント環境セットアップ時に自動でテーブルが作成されるように設定する手順を紹介します。 今回は例として、CookBook:フォームに入力し …

差戻し先ノードの処理対象者を再展開するフローを作成する方法

このCookBookでは、差戻し先ノードの処理対象者を再展開するフローを作成する方法について紹介しています。 IM-Workflowの仕様として、差戻し先ノードではそのノードを以前に処理した人のみが再 …