CookBook

完了したワークフロー案件の登録データをメンテナンスする方法

投稿日:2016-07-04 更新日:

このCookBookでは、IM-BISとIM-FormaDesignerで作成したワークフロー案件の登録データを編集する方法を紹介します。

一部制限はありますが、IM-FormaDesignerのアプリケーション種別「IM-Workflow」、または BIS作成種類「BISフロー」「ワークフロー」で作成された案件の登録データを、Formaアプリケーションのアプリケーション管理画面の設定を変更することによって更新することができます。

完了案件の登録データに対し、修正を行いたい場合等に活用することができます。

レシピ

  1. forma-config.xmlの設定を変更する
  2. Formaアプリケーションの設定を変更する

1. forma-config.xmlの設定を変更する

下記ページを参考に、forma-config.xmlの設定を変更します。

IM-Workflow連携設定アプリケーションで設定しない項目を有効化する

2. Formaアプリの設定を変更する

アプリケーション種別が「IM-Workflow」のアプリケーション、または、IM-BISで作成したフローに対しても「Privilege setting(権限設定)」「Menu setting(メニュー設定)」「Displaying list item setting(一覧表示項目設定)」の設定タブが表示されます。
各設定タブが表示されるので、IM-FormaDesignerのアプリケーション種別「標準」の場合と同じように、各設定を登録することができます。

im_cookbook_113701_1

注意事項

  1. メニュー設定機能を利用して登録したメニュー経由で表示される画面は、アプリケーション種別が「標準」として扱われ動作しますので、ワークフロー用アイテム、ワークフロー用関数は正しく動作しません。
  2. ワークフロー上で実行されることを前提としているため、ワークフロー実行時においての権限管理は IM-Workflow 側に委ねられているのに対し、一覧設定により表示される一覧画面は「Privilege setting」で設定した権限に基づき動作します。
  3. 「Privilege setting」で登録・削除権限を付与した場合、データを登録することはできますが、ワークフローとして申請することはできません。また、データを削除しても申請した案件は削除されません。

-CookBook
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

グリッドテーブルのイメージからワークフローの案件内容を表示するには

このCookbookでは、グリッドテーブルの「イメージ」から申請済みの案件の詳細画面を呼び出す方法を紹介します。 この方法を利用すると別の案件を参照しながら新しく申請を行うことができます。 BISで作 …

IM-Wiki

Wiki機能の活用例

このCookbookでは、intra-mart Accel Platform 2018 Springから利用可能なWiki機能(IM-Wiki)の活用例について紹介します。 今回の記事では実際にWik …

FormaDesignerのユーザプログラム入力チェックをロジックフローで作成する方法

このCookBookでは、FormaDesignerのユーザプログラム入力チェックをロジックフローで作成する方法をご紹介します。 サンプルでは、スプレッドシート・グリッドテーブル・明細テーブルを使用し …

IM-BloomMaker のアクション「変数に一覧データから選択したものを代入する」の使い方

このCookBookでは、「変数に一覧データから選択したものを代入する」アクションの使用方法について紹介します。 「変数に一覧データから選択したものを代入する」アクションは、一覧データをダイアログの画 …

FormaDesignerのユーザプログラム前処理と後処理をロジックフローで作成する方法

このCookBookでは、FormaDesignerのユーザプログラム前処理と後処理をロジックフローで作成する方法を紹介します。 サンプルでは、ユーザプログラム前処理と後処理を利用して、Workflo …

RSSRSSRSSRSS