CookBook

標準の画面アイテムを利用して「先頭へ戻る」ボタンを実現する

投稿日:2018-08-02 更新日:

このCookBookでは、標準の画面アイテムを利用して「先頭へ戻る」ボタンを実現する方法について紹介しています。
本稿では、表示する項目が多く縦長い画面で下へスクロールすると右下に「先頭へ戻る」ボタンが現れ、スクロールではなくボタンの操作で先頭へ戻る機能を想定しています。
また、先頭へ戻るとボタンは画面から消えます。

サンプルでは、汎用アイテム「ボタン(イベント)」を利用していますが、表示アイテム「イメージ」を利用しても同様な機能が実現できます。
イメージは、画像を利用するためデザインに関係なくイメージで「先頭へ戻る」を実現できます。
他のボタンアイテムとデザインが被り、区別して使いたい場合には表示アイテム「イメージ」を利用してください。

完成イメージ


表示する項目が多く縦長い画面でスクロールすると画面の右下に「先頭へ戻る」ボタンが現れ、ボタンの操作で先頭へ戻ると画面からボタンが消えます。

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。

レシピ

  1. BIS定義を登録する
  2. 汎用アイテム「ボタン(イベント)」を配置する
  3. 汎用アイテム「スクリプト」を配置する
  4. アクション設定のカスタムスクリプトを追加する

BIS定義を登録する

スクロールが発生する画面を作成します。

汎用アイテム「ボタン(イベント)」を配置する

画面に汎用アイテム「ボタン(イベント)」を配置し、スクリプトに先頭へ戻る処理を実装します。
初期表示イベントのカスタムスクリプトでボタン(イベント)の位置を右下に調整するので、配置位置は任意です。
サンプルでは、ボタン(イベント)を特定するために最初に配置することを前提としています。
IM-BIS for Accel Platform IM-BIS デザイナヘルプ - ボタン(イベント)

汎用アイテム「スクリプト」を配置する

画面に汎用アイテム「スクリプト」を配置し、スクリプトに「先頭へ戻る」ボタンの表示、非表示の制御を実装します。
IM-BIS for Accel Platform IM-BIS デザイナヘルプ - スクリプト

アクション設定のカスタムスクリプトを追加する

アクション設定のカスタムスクリプトにスクロールでも「先頭へ戻る」ボタンの位置が固定されるように実装します。
IM-BIS for Accel Platform IM-BIS 仕様書 - アクション設定

-CookBook
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

FormaDesignerのユーザプログラム入力チェックをロジックフローで作成する方法

このCookBookでは、FormaDesignerのユーザプログラム入力チェックをロジックフローで作成する方法をご紹介します。 サンプルでは、スプレッドシート・グリッドテーブル・明細テーブルを使用し …

no image

画面操作方法によって画面アイテムの入力チェックを切り替える方法

このCookBookでは、IM-FormaDesignerの入力チェックプログラムで、画面の操作方法に応じた入力チェックを設定する方法を紹介します。 この方法は、以下の製品で作成したアプリケーションや …

BloomMakerでワークフロー処理モーダルと動的処理対象者設定機能を利用してWorkflowコンテンツを作成する

このCookBookでは、BloomMakerで、ワークフロー処理モーダルと動的処理対象者設定機能を利用したWorkflowのコンテンツを作成する方法を紹介します。 本稿では、BloomMakerでワ …

no image

IM-LogicDesignerのIM-ContentsSearch コンテンツ登録タスク利用例

このCookBookでは、IM-LogicDesignerのIM-ContentsSearch コンテンツ登録タスクの利用例を紹介します。 IM-BISで作成したワークフローの案件終了処理で、画面項目 …

no image

完了したワークフロー案件の登録データをメンテナンスする方法

このCookBookでは、IM-BISとIM-FormaDesignerで作成したワークフロー案件の登録データを編集する方法を紹介します。 一部制限はありますが、IM-FormaDesignerのアプ …

RSSRSSRSSRSS