CookBook

BloomMakerでワークフローの一括代理設定画面を作成する

投稿日:

このCookBookでは、BloomMakerで、ワークフローの代理設定を一括で登録する画面を作成してみました。
本稿で紹介のサンプルのように、BloomMakerを利用することで、ちょっとした要件に応じた画面が簡単に作成できます。ぜひ活用してみてください。

完成イメージ


テーブルとして、複数の代理設定を行い、一括で登録するようにしています。

  1. 対応行の設定を登録します。
  2. 選択した行を一括で登録します。

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。

IM-BloomMakerインポートファイル : im_bloommaker-data
IM-BloomMaker のインポート画面からインポートしてください。
なお、インポート後にはIM-BloomMaker ルーティング定義の認可設定が必要ですのでご注意ください。

IM-LogicDesignerインポートファイル : im_logicdesigner-data
IM-LogicDesigner のインポート画面からインポートしてください。
なお、インポート後にはIM-LogicDesigner ルーティング定義の認可設定が必要ですのでご注意ください。

サンプルに含まれる定義情報は以下の表の通りです。

種類 定義名 補足説明
BloomMakerコンテンツ im_cookbook_187377 メインとなるWorkflowの一括代理画面
BloomMakerルーティング定義 im_cookbook_route_187377 上記BloomMakerコンテンツに対するルーティング定義
LogicDesignerフロー定義 im_cookbook_187377_add_target_act_settings Workflow代理設定登録RestAPIとして利用
LogicDesignerルーティング定義 im_cookbook/187377/add_target_act_settings Workflow代理設定登録

サンプルは以下の環境で動作を確認できます。

  • intra-mart Accel Platform(Advanced) 2020 Winter(8.0.27)以降のバージョンであること
  • テナント環境セットアップで、サンプルデータがインポート済みであること

設定項目の詳細は、添付のサンプルを参照してください。

-CookBook
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

画面アイテム「グリッドテーブル」で全行クリアする方法

このCookBookでは、IM-BISの画面アイテムであるグリッドテーブルで、入力データを全行クリアする方法について紹介します。 「グリッドテーブル」は、jqGridを利用しており、入力されたデータを …

no image

IM-BloomMaker フォーム部品(Bulma)を使用したバリデーション処理の作成

このCookBookでは、intra-mart Accel Platform 2020 Summer から利用可能になった コンテンツ種別「Bulma」の「フォーム部品(Bulma)」を使用したバリデ …

no image

ワークスペース機能におけるイベントカレンダーの利用例

このCookBookでは「intra-mart Accel Collaboration」ワークスペース機能におけるイベントカレンダーの利用例について紹介しています。 intra-mart Accel …

no image

申請時の注意事項を添付ファイルとして配置する方法

このCookBookでは、申請時の注意事項を記載したファイルを、申請画面の添付ファイルとして配置する方法について紹介しています。 FormaDesignerの前処理プログラムで任意の添付ファイルを設定 …

no image

ワークスペースとスケジュール機能との連携

このCookBookでは、「intra-mart Accel Collaboration」の機能の1つであるワークスペースと「intra-mart Accel Collaboration」のスケジュー …

RSSRSSRSSRSS