CookBook

BloomMakerでワークフローの添付ファイルを直接編集する画面を作成する

投稿日:2020-12-01 更新日:

このCookBookでは、BloomMakerで、ワークフローの添付ファイルを直接追加や削除する画面を作成してみました。
本稿で紹介のサンプルのように、BloomMakerを利用することで、ちょっとした要件に応じた画面が簡単に作成できます。ぜひ活用してみてください。

完成イメージ


フローIDで案件を検索し、対象の案件に対して添付されているファイルを表示します。
添付済みのファイルの削除、また、新たなファイルの追加を実施できます。
案件は、ログインユーザが未処理、処理済一覧で参照することができる案件が表示されます。

  1. フローID、案件状態を指定します。
  2. 添付ファイルを追加・削除する案件を選択します。
  3. 添付ファイルを追加する場合に押下します。
  4. 添付ファイルを削除する場合に押下します。
  5. 添付ファイルを削除する場合は、削除したいファイルを選択します。
  6. 添付ファイルの追加・削除を実行します。

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。

IM-BloomMakerインポートファイル : im_bloommaker-data
IM-BloomMaker のインポート画面からインポートしてください。
なお、インポート後にはIM-BloomMaker ルーティング定義の認可設定が必要ですのでご注意ください。

IM-LogicDesignerインポートファイル : im_logicdesigner-data
IM-LogicDesigner のインポート画面からインポートしてください。
なお、インポート後にはIM-LogicDesigner ルーティング定義の認可設定が必要ですのでご注意ください。

サンプルに含まれる定義情報は以下の表の通りです。

種類 定義名 補足説明
BloomMakerコンテンツ im_cookbook_184125 メインとなるWorkflowの添付ファイル編集画面
BloomMakerルーティング定義 im_cookbook_184125 上記BloomMakerコンテンツに対するルーティング定義
LogicDesignerフロー定義 im_cookbook_184125_add_file 添付ファイル登録REST APIとして利用
LogicDesignerフロー定義 im_cookbook_184125_delete_file 添付ファイル削除REST APIとして利用
LogicDesignerフロー定義 im_cookbook_184125_get_fileList 添付ファイル一覧取得RestAPIとして利用
LogicDesignerルーティング定義 add_file 添付ファイル登録RestAPI
LogicDesignerルーティング定義 delete_file 添付ファイル削除RestAPI
LogicDesignerルーティング定義 get_fileList 添付ファイル一覧取得RestAPI

サンプルでは以下のWorkflow REST APIを利用しています。

種類 定義名 補足説明
未完了案件ノード情報 api/workflow/active-matter-tasks 未完了案件ノード情報リストを取得します。
未完了案件情報 api/workflow/active-matters-processed 未完了案件処理済み情報リストを取得します。
完了案件情報 api/workflow/completed-matters-processed 完了案件処理済み情報リストを取得します。

サンプルは以下の環境で動作を確認できます。

  • intra-mart Accel Platform(Advanced) 2020 Winter(8.0.27)以降のバージョンであること
  • テナント環境セットアップで、サンプルデータがインポート済みであること

設定項目の詳細は、添付のサンプルを参照してください。

-CookBook
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

IM-FormaDesignerで作成したフォーム内で、外部連携を利用して最も簡単に値を渡す方法(単一アイテム編)

このCookBookでは、IM-FormaDesignerで作成したフォーム画面の中で、アイテムからアイテムへ値を渡す方法について紹介します。 今回は例として、文字列と数値の値を同時にアイテムからアイ …

FormaDesignerのユーザプログラム入力チェックをロジックフローで作成する方法

このCookBookでは、FormaDesignerのユーザプログラム入力チェックをロジックフローで作成する方法をご紹介します。 サンプルでは、スプレッドシート・グリッドテーブル・明細テーブルを使用し …

IM-BloomMaker のカスタムスクリプト内で $im.resolve を使った一覧画面の作成

この CookBook では、ユーザー情報一覧画面からデータの詳細情報を表示する画面に遷移するために $im.resolve を使う方法を紹介します。 以下のレシピに従って作業を行うと、一覧に表示され …

ワークフローの案件削除時にBIS/Formaの関連データも削除する方法

このCookBookでは、ワークフローの案件削除時にBIS/Formaの関連データも併せて削除する方法について紹介しています。 BIS/Formaで作成したワークフローには、機能ごとに個別で管理するト …

no image

IM-BloomMaker Modifier の使い方

このCookBookでは、2020 Summer から利用可能になった環境変数($env)に含まれる「modifier」について紹介しています。 modifier は、同じく 2020 Summer …