CookBook

IM-BloomMaker エレメントを狙った位置に配置する方法

投稿日:

この CookBook ではエレメントを狙った位置に配置する方法について紹介します。
エレメントを配置する方法として、エレメントをドラッグ&ドロップする方法がありますが、
配置先のスペースが狭いとなかなか思い通りの位置に配置できない場合があります。

そこでエレメントを狙った位置に配置する方法を以下のシチュエーションごとに動画で説明します。

  1. エレメントを新規で配置する場合
  2. 配置済みのエレメントを移動させる場合

1. エレメントを新規で配置する場合

エレメントパレットをダブルクリックすることでエレメントを配置できます。


動画の操作説明

ボックス内に更にボックスを配置したレイアウトを使用しています。
ここでは親のボックスをボックス①、その子にあたるボックスをボックス②とします。

動画では最初にボックス②を選択しています。
これはボックス②の中にエレメントを配置するためです。
ダブルクリックでエレメントを配置する場合、選択しているエレメント内に配置されます。

エレメントパレットからラベルをダブルクリックしています。
ボックス②の中にラベルが配置されました。

ボックス①を選択し、エレメントパレットから強調ラベルをダブルクリックしています。
ボックス①の中に強調ラベルが配置されました。

ダブルクリックでエレメントを配置する場合、選択しているエレメント内の最後尾に配置されます。
そのため強調ラベルボックス②の後ろに配置されています。

2. 配置済のエレメントを移動させる場合

画面構成からエレメントツリーをドラッグ&ドロップすることでエレメントの移動ができます。


動画の操作説明

「1. エレメントを新規で配置する場合」の続きから実施しています。
画面の右側にある「画面構成」を使用します。

「画面構成」のタブをクリックするとコンテナページ内に配置しているエレメントの情報がツリー状に表示されます。
このツリーの中身をドラッグ&ドロップで移動させることで、実際に配置しているエレメントの位置も変わります。

強調ラベルを移動させるためドラッグしています。

ツリー上でラベルの上にドロップすると、ボックス②内のラベルの前に移動しました。

続いてラベルをドラッグしています。

ツリー上でボックス②の上にドロップすると、ボックス①内のボックス②の前に移動しました。

このように画面構成のエレメントツリーを操作することでレイアウト上の間隔に関係なく
狙った位置にエレメントを配置することができます。

-CookBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

AdobeSign連携を利用する

このCookBookでは、IM-Signを利用したサンプルを紹介します。 サンプルでは、Workflow/BISの案件に紐づいたAdobe Signの契約書を作成して、署名を依頼します。 署名が行われ …

IM-BloomMaker で作成した画面で、入力項目の値によってエレメントの表示・非表示を切り替える方法

このCookBookでは、IM-BloomMakerで入力系エレメントの入力値によってエレメントの表示/非表示を切り替える方法について紹介しています。 実際にサンプル画面を作成しながら解説を行います。 …

no image

imuiTreeでドラッグ&ドロップのバリデーションを実装する方法

このCookBookでは、imuiTree (ツリービュー) のドラッグ&ドロップバリデーションについて紹介しています。 intra-mart Accel Platform では、画面上にツリーを表示 …

no image

PostgreSQL の Docker を作成する。

この CookBook では、PostgreSQL 検証用の Docker の作成手順について紹介しています。 レシピ ベースイメージの作成 PostgreSQL の Docker イメージを作成しま …

no image

画面操作方法によって画面アイテムの入力チェックを切り替える方法

このCookBookでは、IM-FormaDesignerの入力チェックプログラムで、画面の操作方法に応じた入力チェックを設定する方法を紹介します。 この方法は、以下の製品で作成したアプリケーションや …