CookBook

IM-BloomMaker 時刻入力に設定した日付・時刻型変数の日付やタイムゾーンはどうなっているの?

投稿日:

はじめに

2022 Winter でリリースした「時刻入力」エレメントは、時刻の入力フォームを表示するエレメントです。

「時刻入力」エレメントの value プロパティには日付・時刻型変数を指定します。
日付・時刻型変数は ISO 8601 の規格に従って日付と時刻を表します。例えば、「2022年12月1日午前9時(日本時間) 」は、2022-12-01T09:00:00.000+0900 のように表されます。
しかし、「時刻入力」エレメントに表示されるのは、「時・分」もしくは「時・分・秒」のみで、日付やタイムゾーンの表示や入力はできません。
では、「時刻入力」エレメントの value プロパティに指定した、日付・時刻型変数の日付タイムゾーンはどうなっているのでしょうか。

この CookBook では「時刻入力」エレメントの、日付やタイムゾーンはどのような値になるかという検証と、appliedTimeZone プロパティの紹介をします。

検証の準備

検証をはじめる前に、ホーム画面の個人設定からロケールを確認します。
現在の日付・時刻は「2022/12/01 13:30:50」、タイムゾーンは「+0900」です。

続いて検証に利用する以下の日付・時刻型変数を作成します。

  • null(何の値も設定していない)を設定した変数
  • 2022-12-01T09:00:00.000+0900(日本標準時)を設定した変数
  • 2022-12-01T09:00:00.000Z(世界標準時)を設定した変数

日付について

時刻入力時に value プロパティに設定した変数の日付がどうなるのか、以下の場合を検証します。

  1. 初期値が null の場合
  2. 初期値が 2022-12-01T09:00:00.000+0900(日本標準時)の場合

1. null

10:00 を入力すると value プロパティには 2022-12-01T10:00:00.000+0900 が格納されます。
value プロパティに指定した変数の初期値が null の場合、個人設定のロケールに記載されているタイムゾーンに基づく現在の日付が適用されます。

2. 2022-12-01T09:00:00.000+0900(日本標準時)

10:00 を入力すると value プロパティには 2022-12-01T10:00:00.000+0900 が格納されます。
value プロパティに指定した変数に初期値が設定されている場合、初期値に設定した日付が保持されます。

タイムゾーンについて

時刻入力時に value プロパティのタイムゾーンがどうなるのか説明する前に、「時刻入力」エレメントの appliedTimeZone プロパティを紹介します。

appliedTimeZone プロパティは、時刻入力時に「時刻入力」エレメントの value プロパティに保存されるタイムゾーンの設定をします。 valiableaccount-context が選択できます。
variable を選択すると変数に設定された時刻のタイムゾーンを利用して時刻を保存します。account-context を選択するとアカウントコンテキストのタイムゾーンを利用して時刻を保存します。デフォルト設定では account-context が選択されています。

時刻入力時に value プロパティに設定した変数のタイムゾーンがどうなるのか、以下の場合を検証します。

  1. 初期値が null の場合
  2. 初期値が 2022-12-01T09:00:00.000+0900(日本標準時)の場合
    1. appliedTimeZone プロパティが account-context
    2. appliedTimeZone プロパティが valiable
  3. 初期値が 2022-12-01T09:00:00.000Z(世界標準時)の場合
    1. appliedTimeZone プロパティが account-context
    2. appliedTimeZone プロパティが valiable

1. null

10:00 を入力すると 2022-12-01T10:00:00.000+0900 が格納されます。
value プロパティに指定した変数の初期値が null の場合、個人設定のロケールに記載されているタイムゾーンが適用されます。

2. 2022-12-01T09:00:00.000+0900(日本標準時)

2-1. appliedTimeZone が account-context

10:00 を入力すると 2022-12-01T10:00:00.000+0900 が格納されます。
appliedTimeZone プロパティが account-context であるため、アカウントコンテキストのタイムゾーン(+0900)が適用されます。

2-2. appliedTimeZone が valiable

10:00 を入力すると 2022-12-01T10:00:00.000+0900 が格納されます。
appliedTimeZone プロパティが valiable であるため、変数のタイムゾーン(+0900)が適用されます。

アカウントコンテキストのタイムゾーン(+0900)と変数とタイムゾーン(+0900)が同じであるため、appliedTimeZone プロパティをどちらに設定しても value プロパティのタイムゾーンは変わりません。

3. 2022-12-01T09:00:00.000Z(世界標準時)

3-1. appliedTimeZone が account-context

10:00 を入力すると 2022-12-01T10:00:00.000+0900 が格納されます。
appliedTimeZone プロパティが account-context であるため、アカウントコンテキストのタイムゾーン(+0900)が適用されます。

3-2. appliedTimeZone が valiable

10:00 を入力すると 2022-12-01T10:00:00.000Z が格納されます。
appliedTimeZone プロパティが valiable であるため、変数のタイムゾーン(Z)が適用されます。

アカウントコンテキストのタイムゾーン(+0900)と変数とタイムゾーン(Z)が異なるため、appliedTimeZone プロパティに応じて、 value プロパティのタイムゾーンが変わります。

おまけ

appliedTimeZone プロパティの使い分けについてご紹介します。

例えば、 「時刻入力」エレメントを利用したシステムを、東京、上海、ワシントンD.C. の異なるタイムゾーンの地域で利用し、2022年12月1日 9時を入力します。

appliedTimeZone プロパティが account-context の場合は以下のようなデータが取得できます。

  • 日本 / 東京:2022-12-01T09:00:00.000+0900
  • 中国 / 上海:2022-12-01T09:00:00.000+0800
  • アメリカ / ワシントンD.C.:2022-12-01T09:00:00.000-0500

appliedTimeZone プロパティで valiable を選択し、value プロパティの変数のタイムゾーンを +0900 を設定した場合は、以下のような値を取得できます。

  • 日本 / 東京:2022-12-01T09:00:00.000+0900
  • 中国 / 上海:2022-12-01T08:00:00.000+0900
  • アメリカ / ワシントンD.C.:2022-11-31T19:00:00.000-0500

様々なタイムゾーンの地域で入力された時刻を、日本のタイムゾーンで取得したい場合など、タイムゾーンを統一したデータを取得することができます。
利用用途に応じて、 appliedTimeZone プロパティの設定を使い分けましょう。

-CookBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

BloomMakerでワークフロー処理モーダルを利用してWorkflowコンテンツを作成する

このCookBookでは、2020 Spring(8.0.25)でリリースした下記の機能を利用して、Workflowのコンテンツを作成する方法を紹介します。 IM-BloomMakerのアクションに、 …

no image

IM-BloomMaker トグルスイッチの使い方

このCookBookでは、2021 Summerでリリースした共通エレメント「トグルスイッチ」の利用方法と、見た目の変更方法について紹介します。 「トグルスイッチ」エレメントは機能のON・OFFを制御 …

no image

ウォッチ機能のご紹介

このCookBookでは「intra-mart Accel Collaboration」に備わっているウォッチ機能のご紹介です。 各会社様でグループで仕事をする機会が多いと思います。 仕事を行う上で、 …

no image

ワークスペースカレンダーアイテムでスケジュール機能と連携したスケジュールを登録する方法

このCookBookでは、intra-mart Accel Collaboration ワークスペースのワークスペースカレンダーについて紹介しています。 intra-mart Accel Collab …

「イベント」ボタン・「一覧へ戻る」ボタンを使用し任意の遷移先を設定する

このCookBookでは、IM-FormaDesignerの画面アイテム・ボタンを使用し、任意の画面に遷移する方法について紹介しています。 設定方法は下記の2パターンです。 「イベント」ボタンを使用す …