CookBook

IM-BloomMaker 時刻入力に設定した日付・時刻型変数の日付やタイムゾーンはどうなっているの?

投稿日:

はじめに

2022 Winter でリリースした「時刻入力」エレメントは、時刻の入力フォームを表示するエレメントです。

「時刻入力」エレメントの value プロパティには日付・時刻型変数を指定します。
日付・時刻型変数は ISO 8601 の規格に従って日付と時刻を表します。例えば、「2022年12月1日午前9時(日本時間) 」は、2022-12-01T09:00:00.000+0900 のように表されます。
しかし、「時刻入力」エレメントに表示されるのは、「時・分」もしくは「時・分・秒」のみで、日付やタイムゾーンの表示や入力はできません。
では、「時刻入力」エレメントの value プロパティに指定した、日付・時刻型変数の日付タイムゾーンはどうなっているのでしょうか。

この CookBook では「時刻入力」エレメントの、日付やタイムゾーンはどのような値になるかという検証と、appliedTimeZone プロパティの紹介をします。

検証の準備

検証をはじめる前に、ホーム画面の個人設定からロケールを確認します。
現在の日付・時刻は「2022/12/01 13:30:50」、タイムゾーンは「+0900」です。

続いて検証に利用する以下の日付・時刻型変数を作成します。

  • null(何の値も設定していない)を設定した変数
  • 2022-12-01T09:00:00.000+0900(日本標準時)を設定した変数
  • 2022-12-01T09:00:00.000Z(世界標準時)を設定した変数

日付について

時刻入力時に value プロパティに設定した変数の日付がどうなるのか、以下の場合を検証します。

  1. 初期値が null の場合
  2. 初期値が 2022-12-01T09:00:00.000+0900(日本標準時)の場合

1. null

10:00 を入力すると value プロパティには 2022-12-01T10:00:00.000+0900 が格納されます。
value プロパティに指定した変数の初期値が null の場合、個人設定のロケールに記載されているタイムゾーンに基づく現在の日付が適用されます。

2. 2022-12-01T09:00:00.000+0900(日本標準時)

10:00 を入力すると value プロパティには 2022-12-01T10:00:00.000+0900 が格納されます。
value プロパティに指定した変数に初期値が設定されている場合、初期値に設定した日付が保持されます。

タイムゾーンについて

時刻入力時に value プロパティのタイムゾーンがどうなるのか説明する前に、「時刻入力」エレメントの appliedTimeZone プロパティを紹介します。

appliedTimeZone プロパティは、時刻入力時に「時刻入力」エレメントの value プロパティに保存されるタイムゾーンの設定をします。 valiableaccount-context が選択できます。
variable を選択すると変数に設定された時刻のタイムゾーンを利用して時刻を保存します。account-context を選択するとアカウントコンテキストのタイムゾーンを利用して時刻を保存します。デフォルト設定では account-context が選択されています。

時刻入力時に value プロパティに設定した変数のタイムゾーンがどうなるのか、以下の場合を検証します。

  1. 初期値が null の場合
  2. 初期値が 2022-12-01T09:00:00.000+0900(日本標準時)の場合
    1. appliedTimeZone プロパティが account-context
    2. appliedTimeZone プロパティが valiable
  3. 初期値が 2022-12-01T09:00:00.000Z(世界標準時)の場合
    1. appliedTimeZone プロパティが account-context
    2. appliedTimeZone プロパティが valiable

1. null

10:00 を入力すると 2022-12-01T10:00:00.000+0900 が格納されます。
value プロパティに指定した変数の初期値が null の場合、個人設定のロケールに記載されているタイムゾーンが適用されます。

2. 2022-12-01T09:00:00.000+0900(日本標準時)

2-1. appliedTimeZone が account-context

10:00 を入力すると 2022-12-01T10:00:00.000+0900 が格納されます。
appliedTimeZone プロパティが account-context であるため、アカウントコンテキストのタイムゾーン(+0900)が適用されます。

2-2. appliedTimeZone が valiable

10:00 を入力すると 2022-12-01T10:00:00.000+0900 が格納されます。
appliedTimeZone プロパティが valiable であるため、変数のタイムゾーン(+0900)が適用されます。

アカウントコンテキストのタイムゾーン(+0900)と変数とタイムゾーン(+0900)が同じであるため、appliedTimeZone プロパティをどちらに設定しても value プロパティのタイムゾーンは変わりません。

3. 2022-12-01T09:00:00.000Z(世界標準時)

3-1. appliedTimeZone が account-context

10:00 を入力すると 2022-12-01T10:00:00.000+0900 が格納されます。
appliedTimeZone プロパティが account-context であるため、アカウントコンテキストのタイムゾーン(+0900)が適用されます。

3-2. appliedTimeZone が valiable

10:00 を入力すると 2022-12-01T10:00:00.000Z が格納されます。
appliedTimeZone プロパティが valiable であるため、変数のタイムゾーン(Z)が適用されます。

アカウントコンテキストのタイムゾーン(+0900)と変数とタイムゾーン(Z)が異なるため、appliedTimeZone プロパティに応じて、 value プロパティのタイムゾーンが変わります。

おまけ

appliedTimeZone プロパティの使い分けについてご紹介します。

例えば、 「時刻入力」エレメントを利用したシステムを、東京、上海、ワシントンD.C. の異なるタイムゾーンの地域で利用し、2022年12月1日 9時を入力します。

appliedTimeZone プロパティが account-context の場合は以下のようなデータが取得できます。

  • 日本 / 東京:2022-12-01T09:00:00.000+0900
  • 中国 / 上海:2022-12-01T09:00:00.000+0800
  • アメリカ / ワシントンD.C.:2022-12-01T09:00:00.000-0500

appliedTimeZone プロパティで valiable を選択し、value プロパティの変数のタイムゾーンを +0900 を設定した場合は、以下のような値を取得できます。

  • 日本 / 東京:2022-12-01T09:00:00.000+0900
  • 中国 / 上海:2022-12-01T08:00:00.000+0900
  • アメリカ / ワシントンD.C.:2022-11-31T19:00:00.000-0500

様々なタイムゾーンの地域で入力された時刻を、日本のタイムゾーンで取得したい場合など、タイムゾーンを統一したデータを取得することができます。
利用用途に応じて、 appliedTimeZone プロパティの設定を使い分けましょう。

-CookBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

IM-BloomMaker ボタンに効果音を付ける方法

このCookBookでは、2022 Spring でリリースした「音声または動画○を再生する」アクションアイテムの利用方法について説明します。「音声または動画○を再生する」 アクションアイテムは、指定 …

no image

IM-BIS アクション設定の「条件」の書き方

このCookbookでは、アクション設定の条件式の書き方を説明します。 この方法により入力値に応じてアクション設定の外部連携や入力モード変換などのイベントの実行をコントロールすることができます。 完成 …

no image

グリッドテーブルのイメージからワークフローの案件内容を表示するには

このCookbookでは、グリッドテーブルの「イメージ」から申請済みの案件の詳細画面を呼び出す方法を紹介します。 この方法を利用すると別の案件を参照しながら新しく申請を行うことができます。 BISで作 …

no image

FormaDesignerで作成したフォーム内でカーソル遷移を制御する方法

このCookbookでは、FormaDesignerで作成したフォーム内でカーソル遷移を制御する方法を紹介します。 Tabキーを使ったカーソル遷移を考慮し、ユーザビリティが高いフォームを作成しましょう …

no image

No.9 音声認識からスケジュール登録

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。 こちらの例では、LogicDesignerと音声認識(Web Speech API)の仕組みを利用して、音 …