開発Blog

ERP連携モジュール(SAP)の実現方法

投稿日:

 


※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。
最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。


 

ERP(SAP)連携モジュールでは、SAPとのリアルタイムなデータ受渡しをどのようなかたちで実現しているのかを解説します。

SAP連携APIは、R/3の外部インターフェースであるBAPI(RFC汎用 モジュール)を操作するためにSAPから提供されているJCo(JavaConnector)をラップしたJavaAPI群であり、JCoを意識すること なく、容易にSAP R/3内のデータの取得・更新を実現する機能を提供します。

連携の特長としては、ソースコードに直接BAPI名を記述するのではなく、外部設定ファイル に接続先R/3サーバ、BAPI名、データ型、項目名などを記述することにより、容易に設定変更が可能となる、標準BAPIのみならずユーザBAPI(ア ドオン)への対応も可能となる、等といった点が挙げられます。

連携の概要については添付「IM_SAP.ppt」を、API仕様詳細については添付 「im_sapapi_tutorial.pdf」を御覧頂ければ幸いです。

im_sapapi_tutorial.pdf

以上参考にしてください。

-開発Blog
-

執筆者:

関連記事

no image

intra-mart Advent Calendar 2013 第12日:認可リソースの拡張方法

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第12日の記事です。 今回は「認可リソースの拡張方法」をご紹介したいと思います。 intra-mart Accel Plat …

no image

intra-mart WebPlatform/AppFramework Ver7.2について その1

こんにちは、開発本部の大西です。 ご存知の方が多いかと思いますが、現在、intra-mart WebPlatform/AppFramework の最新リビジョンである、Ver7.2のリリースを3月31 …

no image

iPhone/iPad用アプリケーション im-scheduler リリース!!

先日、10月22日に弊社イベント Enterprise Web Solution 2010に多数の方がご参加頂き、 ありがとうございました。 実は、そのイベントの裏で、ひっそりと、 iPhone/iP …

no image

IM-Workflowで承認時にも認証を行う方法

IM-Workflowでは、本当に本人が申請・承認しているかを証明するための仕組みとして、「認証確認(再認証)」を設定することができます。 この仕組みを利用すると、ワークフローの申請・承認を行うタイミ …

no image

Accel Platformのつくりかた。

先日開催させていただきました弊社イベントEnterprise Web Solution 2013のテクニカルセッションにおいて、「Accel Platformのつくりかた。」という題名で、i …

RSSRSSRSSRSS