デジビBlog

スマートカードで「こどもスタンプラリー」

投稿日:2018-09-11 更新日:

こんにちは。デジタルビジネス推進室の高松です。

先日、会社の「こども向け会社見学会」がありました。
そこでデジビもちょっとした出し物をしたので、ご紹介したいと思います。

出したのは、スマートカードを使った「こどもスタンプラリー」です。

「スマートカード」とはアイオイ・システムさんの提供されている電子ペーパー付のRFIDカードです。
https://www.hello-aioi.com/jp/solution/smart_card/

以前、とある研究でこちらのカードを扱ったことがあったため、こどもスタンプラリーに応用してみました。

このような感じで、スタンプラリー台紙がカード上に表示されます。

見学会当日は、「プログラミング教室」や「ロボットアメ取り」、「金魚すくい」などいくつも出しものがあり、それらをスタンプラリーで回ってもらいました。

このように、チェックポイントのRFID端末にタッチすることで、電子ペーパーが書き換えられ、スタンプが貯まっていく仕組みです。

こども受けするように、カードの書き換え中はピコピコ音が出るようにしました。(動画で音が確認できます)

このピコピコ音がよかったみたいで、当日は子ども達に大ウケでした。

ちょっと技術的な話

せっかくなので、スマートカードの管理は、IM-LogicDesignerから行えるようにしました。

ロジックデザイナーのフローはこんな感じです。

残念ながら、こども達にIM-LogicDesigner のよさをアピールすることはできませんでしたが、ちょっとしたメンテナンスもデプロイなしで行うことができ、やっぱりロジデザは便利だなーと思いました。

当日は、教育版レゴ(R)のマインドストーム(R)をIM-FormaDesignerで操作して、アメ取りをするような出し物もありました。
(こちらは研修チームの方が作りました。)

普段仕事をしていて子供と接する機会がないため、はしゃいでいるこどもの笑顔を見ると、心が洗われますね。

IT会社っぽいイベントに協力できてよかったです。

-デジビBlog

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アイスボタンの作り方

こんにちは。デジタルビジネス推進室の高松です。 前回ご紹介したIoTボタンについて、「作り方を教えてほしい」という話を頂いたので、ご紹介します。 構成について 始めに、アイスボタンの構成を記載しておき …

KNIMEを使ったintra-martのログ分析 – 2 –

こんにちは。 デジタルビジネス推進室(デジビ)の関根です。 前回に引き続き、intra-martのログ分析の手法を紹介します。

intra-mart BIORAブース – ルンバによるお土産配達 –

こんにちは。デジタルビジネス推進室の関根です。 EWS2018からもう一か月経つのですね…。時間が経つのが早いです。 今回はルンバによるお土産配達について記載致します。

BIORAブースの準備状況

こんにちは。デジタルビジネス推進室の高松です。 今回は、来週開催するEWS(Enterprise Web Solution)2018東京で展示予定の、「intra-mart BIORAブース」の準備状 …

Python活用

こんにちは。デジビ生田です。 最近、PoCを進める中でJava以外の言語、例えばPythonを利用する機会も増えてきました。 今回はPythonについて Python、個人的に利用する理由は以下です。 …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS