CookBook

スレッドダンプの取り方

投稿日:

このCookBookでは、スレッドダンプの取り方について紹介しています。
以下に手順を説明しますが、スレッドダンプは必ず問題の事象が発生している時に取得してください。
例えば、動作が重い・非同期処理が実行されない、という問題が発生した場合、その現象が発生しているタイミングでスレッドダンプを取得してください。
また一度だけ取得するのではなく、可能であれば間隔をおいて数度取得する事を推奨します。

また、別途ヒープダンプ等も取得している場合、それらの取得処理が終わってからスレッドダンプを取得するように注意してください。

レシピ

  1. jps コマンドを実行します。
  2. jstack コマンドを実行します。

1. jps コマンドを実行します。

jps コマンドを実行し、スレッドダンプを取得する対象のプロセスIDを取得します。

2. jstack コマンドを実行します。

jstack コマンドを実行し、スレッドダンプを取得します。

レシピ2

Resin の場合、pdf レポートを生成することで、スレッドダンプを取得できます。

1. resin-admin にログインします

resin-admin にログインします。

resin-admin を有効にするには事前に以下の設定が必要です。
intra-mart Accel Platform 設定ファイルリファレンス /resin-admin

2. PDF レポートを生成します

左ペインの「sessions」より右ペインの「Generate PDF」ボタンを押下することで PDF レポートを生成できます。

この CookBook では、スレッドダンプの取得方法についてご紹介しました。
是非ご活用ください。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

IM-BloomMaker コンボボックスエレメントのサジェストにサーバから取得した値を表示する

このCookBookでは、intra-mart Accel Platform 2020 Spring から利用可能になったコンボボックスエレメントのサジェストにサーバから取得した値を表示する方法につい …

no image

Azure 上に iAP を構築する方法

  この CookBook では、Azure の Virtual Machines 機能を用いて、スタンドアローンで intra-mart Accel Platform を構築する方法につい …

no image

IM-LogicDesignerのIM-ContentsSearch コンテンツ登録タスク利用例

このCookBookでは、IM-LogicDesignerのIM-ContentsSearch コンテンツ登録タスクの利用例を紹介します。 IM-BISで作成したワークフローの案件終了処理で、画面項目 …

no image

No.8 Excel からの一括ユーザ一括登録

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。 こちらの例では、LogicDesignerを利用して、入社や組織変更等の発生時に有用なExcelファイルの …

no image

ViewCreatorでIM-Workflowのフロー毎の取止め・差戻し案件件数を表示する。

このCookBookでは、ViewCreatorでIM-Workflowのフロー毎の取止め/差戻し案件件数を表示する方法を説明します。 検索条件を変更することで、IM-Workflowの特定の状況をモ …

RSSRSSRSSRSS