CookBook

スレッドダンプの取り方

投稿日:2021-01-06 更新日:

このCookBookでは、スレッドダンプの取り方について紹介しています。
以下に手順を説明しますが、スレッドダンプは必ず問題の事象が発生している時に取得してください。
例えば、動作が重い・非同期処理が実行されない、という問題が発生した場合、その現象が発生しているタイミングでスレッドダンプを取得してください。
また一度だけ取得するのではなく、可能であれば間隔をおいて数度取得する事を推奨します。

また、別途ヒープダンプ等も取得している場合、それらの取得処理が終わってからスレッドダンプを取得するように注意してください。

レシピ

  1. jps コマンドを実行します。
  2. jstack コマンドを実行します。

1. jps コマンドを実行します。

jps コマンドを実行し、スレッドダンプを取得する対象のプロセスIDを取得します。

2. jstack コマンドを実行します。

jstack コマンドを実行し、スレッドダンプを取得します。

レシピ2

Resin の場合、pdf レポートを生成することで、スレッドダンプを取得できます。
ただし、この方法で取得できるスレッドダンプは、一部のスレッドが省略されてしまいます。
調査等の目的でスレッドダンプを取得したい場合は、jstack コマンドで取得することをお勧めします。

1. resin-admin にログインします

resin-admin にログインします。

resin-admin を有効にするには事前に以下の設定が必要です。
intra-mart Accel Platform 設定ファイルリファレンス /resin-admin

2. PDF レポートを生成します

左ペインの「sessions」より右ペインの「Generate PDF」ボタンを押下することで PDF レポートを生成できます。

この CookBook では、スレッドダンプの取得方法についてご紹介しました。
是非ご活用ください。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

availability_check を利用した死活監視方法のご紹介

この CookBook では、availability_check を利用した死活監視方法について紹介しています。 availability_check を利用するには「Resinデータソース設定」モ …

no image

IM-LogicDesigner「繰り返し」「分岐」EL式の定義例

このCookBookでは、IM-LogicDesignerの「条件分岐」「繰り返し」制御要素の条件で利用するEL式について定義例を紹介しています。 ここでは主に「 IM-LogicDesigner上で …

IM-BloomMaker のカスタムスクリプト内で $im.resolve を使った一覧画面の作成

この CookBook では、ユーザー情報一覧画面からデータの詳細情報を表示する画面に遷移するために $im.resolve を使う方法を紹介します。 以下のレシピに従って作業を行うと、一覧に表示され …

no image

Milkode のご紹介

この CookBook では、Milkode について紹介しています。 intra-mart 開発本部ではソースコード検索エンジンとして Milkode を利用しています。 導入 導入は Instal …

no image

スクリプト開発でのストアドプロシージャの実行方法

intra-mart Accel Platform 2017 Winter(8.0.18) より SharedDatabase, TenantDatabase に executeCallable AP …

RSSRSSRSSRSS