CookBook

intra-martのアプリケーションをセットアップする

投稿日:

このCookBookでは、intra-mart Accel Collaborationをセットアップしてアプリケーションを使える状態にする方法を紹介します。レシピの最後では、実際にintra-mart Accel Collaborationの管理者機能と一般ユーザ機能を使ってみます。是非このcookbookでセットアップ手順を確認し、intra-martのアプリケーションのセットアップに活用してください。

完成イメージ

このようにintra-mart Accel Collaborationが使えるようになります。
null

レシピ

  1. WARの作成とデプロイ
  2. ライセンスを登録する
  3. 一般ユーザを作成し会社に所属させる
  4. ユーザにアカウントライセンスを付与する
  5. ユーザにアプリケーションライセンスを付与する
  6. ロールを設定する
  7. アプリケーションを使う

事前準備

intra-mart Accel Platformのセットアップが完了していない場合は、事前準備が必要です。
セットアップ方法は「intra-mart Accel Platform クイックセットアップガイド - セットアップ」を参照してください。

以下のミドルウェアをセットアップしてください。

・JDK
・WebApplicationServer
・データベース
・JDBCドライバ

IM-juggling、及び、Resinは「intra-mart Accelシリーズ TRY版ダウンロード」で必要事項を入力後にダウンロードしてご利用ください。

1. WARの作成とデプロイ

はじめにintra-mart Accel Collaborationを組み込んだWARファイルを作成してデプロイします。

  1. WARファイルを作成してください。
    WARファイルの作成方法は「intra-mart Accel Platform クイックセットアップガイド - WARファイルの作成」を参照してください。

    項目 設定値・選択項目
    プロジェクト名 app_setup
    ベースモジュール intra-mart Accel platform Advanced Edition
    アプリケーション intra-mart Accel Collaboration
  2. WARファイルをデプロイしてください。
    WARファイルのデプロイ方法は「intra-mart Accel Platform クイックセットアップガイド - WARファイルのデプロイ」を参照してください。

  3. テナント環境セットアップを行ってください。
    テナント環境セットアップ方法は「intra-mart Accel Platform クイックセットアップガイド - テナント環境セットアップ」を参照してください。

  4. サンプルデータの投入を行ってください。
    投入方法は「intra-mart Accel Platform セットアップガイド - サンプルデータの投入」を参照してください。

2. ライセンスを登録する

TRY版をセットアップする場合、この工程はスキップしてください。

Accel Collaborationのライセンスを登録します。
システム管理者でログインしてください。

ライセンスの登録方法は「intra-mart Accel Platform セットアップガイド - ライセンスの登録」を参照してください。

3. 一般ユーザを作成し会社に所属させる

テナント管理者でログインしてください。

  1. 一般ユーザを作成します。以下の内容で一般ユーザを作成してください。一般ユーザの作成方法は「intra-mart Accel Platform ファーストステップガイド - 一般ユーザを新しく作成する」を参照してください。
    タブ 項目 設定値
    基本 ユーザコード yamakawa
    プロファイル ユーザ名 山川 登(ヤマカワ ノボル)
    ソートキー 99
    アカウント パスワード yamakawa
    確認パスワード yamakawa
  2. ユーザを会社に所属させます。作成した一般ユーザ「山川 登」をサンプル会社に所属させてください。サンプル会社を主所属に設定してください。
    会社に所属させる方法は「intra-mart Accel Platform ファーストステップガイド - 一般ユーザを会社・組織に所属させる」を参照してください。

4. ユーザにアカウントライセンスを付与する

引き続きテナント管理者が設定を行います。

  1. ユーザにアカウントライセンスを付与します。作成した一般ユーザ「山川 登」にアカウントライセンスを付与してください。アカウントライセンス付与の方法は「intra-mart Accel Platform テナント管理者操作ガイド - アカウントライセンス一覧を使用する」を参照してください。
    項目 登録対象
    ユーザコード yamakawa

5. ユーザにアプリケーションライセンスを付与する

引き続きテナント管理者が設定を行います。

  1. ユーザにアプリケーションライセンスを付与します。作成した一般ユーザ「山川 登」にintra-mart Accel Collaborationのアプリケーションライセンスを付与してください。アプリケーションライセンス付与の方法は「intra-mart Accel Platform テナント管理者操作ガイド - アプリケーションライセンス一覧を使用する」を参照してください。
    項目 登録対象
    ユーザコード yamakawa

ここまでの設定が完了するとintra-mart Accel Collaborationの一般ユーザ機能が使用できます。

6. ロールを設定する

管理者機能を使用するには、ロールを設定する必要があります。

  1. 一般ユーザ「山川 登」にCollaboration管理者ロールを設定してください。ロールの設定方法は「intra-mart Accel Platform テナント管理者操作ガイド - ロールを設定する」の複数のユーザに対してロールを一括付与・剥奪するを参照してください。
    ロール名 ユーザコード
    Collaboration管理者 yamakawa
  2. Collaboration管理者ロールの権限設定を変更します。権限設定の変更方法は「intra-mart Accel Platform テナント管理者操作ガイド - 権限設定を変更する」を参照してください。
    以下のポリシーを「許可」にしてください。

    項目 選択・設定値
    リソースの種類 会社一覧
    対象者条件 Collaboration管理者
    リソース サンプル会社
    アクション 参照
    実行

null
ここまでの設定が完了するとintra-mart Accel Collaborationの管理者機能が使用できます。

7. アプリケーションを使う

「山川登」でログインしてください。
まずはCollaboration管理者機能を使ってみましょう。施設カテゴリと施設を登録します。

  1. 以下の内容で施設カテゴリを登録してください。施設カテゴリの登録方法は「intra-mart Accel Collaboration スケジュール管理者操作ガイド - 施設カテゴリを登録する」を参照してください。
    項目 設定値
    カテゴリ名(標準表示名) 本館
  2. 以下の内容で施設を登録してください。施設の登録方法は「intra-mart Accel Collaboration スケジュール管理者操作ガイド - 施設を登録する」を参照してください。

    項目 設定値
    施設名(標準表示名) 会議室A
  3. 登録した施設カテゴリにアクセス権を設定します。アクセス権の設定方法は「intra-mart Accel Collaboration スケジュール管理者操作ガイド - 施設カテゴリにアクセス権を設定する」を参照してください。

次に一般ユーザ機能を使ってみましょう。管理者が作成した施設をスケジュール登録に使用します。

  1. 「グローバルナビ」-「Collaboration」-「スケジュール」をクリックしてください。

  2. 時間をクリックしてください。※施設の使用期限内の時間をクリックしてください。
    null

  3. 予定を登録します。
    null

スケジュールが登録できました。
null
スケジュールの登録や削除以外にも、通知機能や連携機能などのユーザ機能を是非ご活用ください。「intra-mart Accel Collaboration スケジュールユーザ操作ガイド
電子会議室やスケジュールを使用する場合は「intra-mart Accel Collaboration セットアップガイド - 注意事項」を参照してください。

intra-mart製品デモンストレーションサイトでintra-mart Accel Collaborationや各アプリケーションを体験できます。

intra-mart 製品デモンストレーションサイト
1. ログイン画面欄の「ログイン」をクリックし、必要事項を記入してください。
2. 発行されたデモンストレーションサイトのURLから、ユーザ「青柳辰巳」でログインしてください。
3. 「サイトマップ」-「コラボレーション」、または、「グローバルナビ」-「コラボレーション」から体験してください。

このcookbookでご紹介したように、intra-martでは各アプリケーションや各機能に操作ガイドをご用意しています。アプリケーションをセットアップする際は、各アプリケーションのセットアップガイドや操作ガイドを参照してください。

-CookBook
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

画面操作方法によって画面アイテムの入力チェックを切り替える方法

このCookBookでは、IM-FormaDesignerの入力チェックプログラムで、画面の操作方法に応じた入力チェックを設定する方法を紹介します。 この方法は、以下の製品で作成したアプリケーションや …

no image

ワークフローの一覧を使い分けるには(改訂版)

このCookbookでは、以前に公開した「IM-Workflowの一覧を業務別に使い分けるには」に関して、お問い合わせいただいた内容を追加してワークフローの一覧の検索条件を付与する方法をご紹介いたしま …

no image

IM-FormaDesignerで複数のセレクトボックスを連動させて利用する方法

このCookbookでは、セレクトボックスの選択結果によって、他のセレクトボックスの選択肢を絞り込む方法を説明します。 この方法は、IM-FormaDesignerのみ導入環境での方法です。 IM-B …

no image

ViewCreatorとIM-FormaDesignerを利用して、既存テーブルのデータを表示する。

このCookBookでは、ViewCreatorとForma画面を利用して、既存テーブルのデータを表示する方法を説明します。 ViewCreatorでテーブルデータの一覧を表示し、IM-FormaDe …

no image

Azure 上に iAP を構築する方法

  この CookBook では、Azure の Virtual Machines 機能を用いて、スタンドアローンで intra-mart Accel Platform を構築する方法につい …

RSSRSSRSSRSS