デジビBlog

【業務効率化】AIによるパワポ資料作成支援

投稿日:

こんにちは、デジビの関根です。

パワーポイントで資料を作る際に
どんな画像を差し込むか悩むことってありませんか?

過去に作った資料から画像を持ってきたり、
いらすとや様のようなフリー素材集から画像をいただいてきたり。

欲しい画像を見つけるために無駄な時間を使いたくないですよね。

パワーポイントのスライドに合う素敵な画像を提案してくれるAIとかないかなぁ…。

っと思い、作ってみました!

AIによるパワポ資料作成支援

まずは実際に動いているところをご覧ください。

パワーポイントのスライド内の文章をAIが解析し、
適切な画像を見つけ出してサジェストしてくれます。
※サジェストされる画像はストレージ内の画像や、
 過去に作成したパワーポイントの資料から抽出した画像になります。

AIは非同期で動いているので、
文章の体裁を整えている間に画像を検索してくれます。
検索中はハムハム(*)が猛ダッシュです。

ハムハムはフリー素材の来夢来人様より使わせていただいております。
--> リンク <--

これにより

人が文章を書き、AIが画像を提案。
あとは画像をコピーして組み合わせることで、素敵なスライドの完成です。

また、適切な画像がなく、自分で新しい画像を使用した場合は
AIに再学習させることでその画像も取り込まれます。
学習させる資料が増えるとAIもその分賢くなり、
文章に合う画像を返してくれるようになります。

技術要素を軽くご紹介

全体構成は以下のようになります。

intra-martでは、事前に既存資料から画像の抽出や、文章のベクトル化(paragraph2vec)を行っておきます。
パワーポイントのアドインにてシート内の文章を取得し、intra-martに連携します。
連携先のintra-martで、類似した画像を検索(*)、アドインに返却します。
*同じ画像は除外する等も行っています。

精度向上については、絶賛研究中となります。
利用頻度に応じて画像に重みづけを行ったり、
図形・画像を組み合わせた一枚絵をどのように認識させるか等
色々改善要素はあると考えております。

-デジビBlog

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【EWS2019】DX展示 – 当日の様子 –

こんにちは、デジビの関根です。 EWS2019 ご来場ありがとうございました! 今年は会場を大型化し、昨年を上回る2,500名様超の集客となりましたが、 滞りなく開催できました。 DX展示についてもト …

デジビダッシュボード(仮)のご紹介

こんにちは。 デジタルビジネス推進室(デジビ)の関根です。 今回は研究開発で社内検証している機能を一つご紹介します。 intra-martのポータル画面をBIツールのように使用する機能となります。

【EWS】「業務自動化」に向けたステップアップ【DX展示】

こんにちは。 デジタルビジネス推進室(デジビ)の関根です。 今回は、今年のDX展示内容について、すこ~しだけご紹介します。 intra-mart流の業務プロセス自動化研究ステップ 現在デジタルビジネス …

KNIMEを使ったintra-martのログ分析 – 2 –

こんにちは。 デジタルビジネス推進室(デジビ)の関根です。 前回に引き続き、intra-martのログ分析の手法を紹介します。

「高松商店」のデジタル化事例のご紹介

こんにちは。デジタルビジネス推進室の高松です。 今回は、高松商店のちょっとしたデジタル化についてご紹介させて頂きます。 (高松商店をご存知ない方は、こちらの記事をご覧ください!) 高松商店の近況 前回 …

RSSRSSRSSRSS