CookBook

imuiTreeでドラッグ&ドロップのバリデーションを実装する方法

投稿日:

このCookBookでは、imuiTree (ツリービュー) のドラッグ&ドロップバリデーションについて紹介しています。

intra-mart Accel Platform では、画面上にツリーを表示するUI部品でimuiTreeを用意しています。
imuiTree
この部品を使用すると、ツリー形式の表示はもちろんですが、dnd プラグインを設定することで、ドラッグ&ドロップ操作による各アイテムの移動ができるようになります。

完成イメージ


1. root1フォルダをドラッグ&ドロップします。
⇒ root2フォルダの後や、root2フォルダの中に移動することができます。
⇒ root3フォルダの中には移動できません。
 
2. root3フォルダをドラッグ&ドロップします。
⇒ どこにも移動できません。
 
3. child1-1ファイルをドラッグ&ドロップします。
⇒ root2フォルダの中に移動することができます。
⇒ root3フォルダの中には移動できません。
 
4. child3-1ファイルをドラッグ&ドロップします。
⇒ どこにも移動できません。

image

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。

e builder プロジェクト : im_cookbook_113622.zip
imm ファイル : im_cookbook_113622-1.0.0.imm

ローカル環境で表示させる場合は、以下のURLにアクセスしてください。
http://localhost:8080/imart/im_cookbook/113622/index
なおベースURLである以下の部分は、環境に合わせて適宜変更してください。
http://localhost:8080/imart

レシピ

  1. imuiTreeタグをページ上に配置してください。
  2. バリデーションを行うコールバック関数を追加してください。
  3. コールバック関数内に、バリデーションルールを実装してください。

1. imuiTreeタグをページ上に配置してください。

このとき、parameterのpluginsに、"dnd" と "crrm" を追加してください。
プラグインを追加することで、ドラッグ&ドロップ操作が可能になります。

index.js:

index.html:

2. バリデーションを行うコールバック関数を追加してください。

imuiTreeはjsTreeライブラリを使用しています。
jsTreeライブラリのAPIを呼び出して、バリデーションを行うためのコールバック関数を設定に追加してください。

3. コールバック関数内に、バリデーションルールを実装してください。

コールバック関数内にバリデーションルールを実装ください。
true を返却するとドラッグ操作可能、false を返却すると不可となります。

引数の data には、ドラッグ操作を行っているアイテムや、ドロップ先のアイテムなどの情報が格納されています。
実際に格納される内容は、jsTreeのAPIドキュメントを参照してください。
https://old.jstree.com/documentation/crrm
https://old.jstree.com/documentation/core.html#_get_move

このCookbookでは、以下のルールに従ってバリデーションを実装しています。
1. 禁止マークがある root3 フォルダと配下のファイルは、常にドラッグ不可
2. フォルダはトップ階層と、フォルダ配下にのみドラッグ可能
3. ファイルはフォルダ配下にのみドラッグ可能 (トップ階層は不可)
4. 禁止マークがある root3 配下にはドラッグ不可

以上で、imuiTreeのアイテムをドラッグ&ドロップする際のバリデーションを実装することができました。

-CookBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ワークスペースとToDo機能との連携

このCookBookでは、「intra-mart Accel Collaboration」の機能の1つであるワークスペースと「intra-mart Accel Collaboration」のToDo機 …

no image

BloomMaker CSS エディタでコンテナ内だけに CSS を適用する方法

この CookBook では CSS エディタでコンテナ内だけに CSS を適用する方法と、intra-mart Accel Platform 2020 Spring から利用可能になったプレビュー画 …

no image

ViewCreatorのヘッダやフッタに配置するリンクのURLに計算結果を埋め込む方法

本記事では、ViewCreatorのヘッダやフッタにリンクを埋め込む際に、関数を利用する方法をご紹介します。 この方法を利用すると、パラメータ文字列に「今日日付」を受け渡すといったことが実現できます。 …

IM-BloomMaker 画面操作後に入力規則のチェックが行われるフォームの作成

変数の入力規則のチェックは画面表示後すぐに行われ、入力規則に反している場合はエラーが表示されます。 このCookBookでは intra-mart Accel Platform 2020 Summer …

no image

【ViewCreator】検索にヒットした件数を取得する関数の作り方。

このCookBookでは、ViewCreatorで検索にヒットした件数を取得する関数の作り方についてご紹介します。 ユーザ定義関数についての詳細は下記のドキュメントを参照してください。 ViewCre …