CookBook

外部システムから IM-Notice に通知を送る方法

投稿日:

この CookBook では、intra-mart Accel Platform 8.0.14 2016 Summer から導入された IM-Notice への通知タスクを利用して、外部システムから IM-Notice へ通知する方法について紹介します。

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。

LogicDesigner フロー、ルーティング定義 : im_cookbook_119839_im_logicdesigner-data.zip

レシピ

  1. LogicDesigner から通知タスクを利用して通知を行うフローを作成します。
  2. 作成したフローを用いてルーティング定義を作成します。
  3. 外部システムから作成したルーティングに対して API を呼び出し、通知を行います。

1. LogicDesigner から通知タスクを利用して通知を行うフローを作成します。

  1. サイトマップから「Flow Definition List」を開きます。
  2. 「Create new」をクリックします。
  3. 「Desktop Notification Task」と「Mobile Notification Task」を配置します。
  4. 配置した「Desktop Notification Task」タスクをクリックし、「Continue Process even on Error」と「Save Notification History」をチェックします。こうする事で、デスクトップ通知が失敗した場合でも後続のモバイル通知を行えるようにし、通知履歴にもデータを保存する事ができるようになります。
  5. 「Input and Output Settings」をクリックし、下図のように入力パラメータを設定します。
  6. 配置した「Desktop Notification Task」タスクをダブルクリックし、下図のようにパラメータのマッピングを設定します。デスクトップ通知タスクの入力パラメータについてはこちらを参照してください。
  7. 配置した「Mobile Notification Task」タスクをダブルクリックし、下図のようにパラメータのマッピングを設定します。モバイル通知タスクの入力パラメータについてはこちらを参照してください。
  8. 「Save Newly」をクリックします。
  9. 下図のように入力し「OK」をクリックします。

2. 作成したフローを用いてルーティング定義を作成します。

  1. サイトマップから「Routing Definition List」を開きます。
  2. 「Create new」をクリックします。
  3. 下図のように入力し「Register」をクリックします。この CookBook では POST でリクエストを受け付け、かつ Basic 認証がかかるルーティングとして作成します。
  4. 「cookbook119839」の「Authorization」をクリックします。
  5. 「Start the authorization setting」をクリック後「Authenticated User」と「POST cookbook119839」をチェックして有効化し、「End the authorization setting」をクリックします。

3. 外部システムから作成したルーティングに対して API を呼び出し、通知を行います。

以下のようにして、外部システムから通知を行う事ができます。

1. curl の場合

以下の curl コマンドを実行します。

curl コマンド

body.json

2. C(LibCurl) の場合

3. C#(RestSharp) の場合

4. Java(OK HTTP) の場合

5. JavaScript(jQuery ajax) の場合

6. Node.js の場合

7. Python の場合

8. Ruby の場合

9. Swift の場合

このように、LogicDesigner を用いる事で外部から容易に連携することができます。
是非、ご活用ください。

-CookBook
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

グリッドテーブルの列タイプ「カスタム」を利用した場合にマルチセレクトがトグルされないようにする方法

このCookBookでは、グリッドテーブルの列タイプ「カスタム」を利用した場合に、マルチセレクトがトグルされないようにする方法を説明します。 グリッドテーブルでは、行内で参照表示となっている部分をクリ …

スプレッドシートでForma入力チェックユーザプログラムを利用して入力チェックを実行する方法

このCookBookでは、スプレッドシートでForma入力チェックユーザプログラムを利用して入力チェックを実行する方法について紹介しています。 Formaの入力チェックプログラムでは以下の2つのチェッ …

no image

ワークフローの一覧を使い分けるには(改訂版)

このCookbookでは、以前に公開した「IM-Workflowの一覧を業務別に使い分けるには」に関して、お問い合わせいただいた内容を追加してワークフローの一覧の検索条件を付与する方法をご紹介いたしま …

no image

スクリプト開発で登録フォームを作成する

このCookBookでは、スクリプト開発で登録フォームを作成する際に役立つ Tips を紹介します。 第1回:スクリプト開発で登録フォームを作成する 第2回:フォームに入力した内容をデータベースに登録 …

no image

デバッグサーバ起動時に出力されるコンソールの情報をファイル出力する方法

このCookBookでは、e Builder でデバッグサーバの利用時にコンソールに出力された内容を、別途指定したファイルに出力する方法について紹介しています。 完成イメージ 1. 指定したファイルに …

RSSRSSRSSRSS